ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
Fallafel食べたことある?
薄れゆく、いや、ほぼ消えゆく記憶を手繰り寄せてのお話ですが・・・
私7月にパリに行っておりまして、そのときのことを一切書かないまま
年が明けていたんですね~。このままずっと書かないというのも「手」だけれど(?)、
写真見てたら突然食べたくなった「ファラフェルサンドイッチ」。
パリは大体何を食べても美味しくて美味しくて一日中(私の)微笑みの絶えない
街ですが、今回初めてマレ地区の方のホテルに泊まってみて
散策したときに見つけたこれも◎!

マレ地区は貴族の館が点在し、細い小道にお洒落な店も沢山ある
非常に楽しい所。ゲイの街でもあるそうで、確かにあまりにもかっこいい
男性の二人連れが沢山いらっしゃり、あぁ、女は究極的には
男にはかなわないのであるわーーー
と、改めて落ち込みます
c0037299_19364915.jpgさてさてその中にユダヤ人街と言われる一角があって(中華街みたいなもの?違う?)、ここL'As du Fallafelは、日曜閉まっている店が多いせいもあってか(ちなみにマレは開いている店が多いので、日曜の散策はお薦め☆・・・混んでは、いる。)ながーい行列ができる繁盛っぷり。

Fallafelとは、ひよこ豆(ラブ♡)で作った一口コロッケみたいな物らしくて、
テイクアウトコーナーではピタパンにこのファラフェルや野菜を
どばーっと挟んだ迫力サンドイッチが買える(模様)。
お店のおにーちゃん達(総じて顔が濃い)が「Fallafel Fallafel」と言いながら
(今でも思い出すと頭から離れなくなるような独特なリズムで言うんだな、これが)
宣伝(客引き?)してます。
「ここに並べばいいんですか?」もフランス語では言えない
可哀想な私達はとりあえず意味もわからず並んでみたけど、
店があっててよかったーーー。
そして並んでいる間に注文を取りに来るおにーさんは片言の英語を話してくれて
ちょーーーー助かったぜぃ。

<ここまで言葉がわからないと、周りの喧騒も無音のように感じられることを
新発見。>






c0037299_19413462.jpgプロフェッショナルなおじさま(もしかしたら歳同じ位!?)達がせっせと働いてます。手際がいい~
c0037299_19415515.jpg右がファラフェル、左はおにーちゃんお薦めの野菜中心サンド(名前失念。何分半年前のことでねぇ~)

これね、結構癖になるかも☆
うわっおいしすぎ!とまではいかないんだけど、何と言うか、尾を引くというか、たまに無性に食べたくなるのね。
祖国を離れたイスラエルの人々だったら尚更なことでしょう。(あくまで想像)
そして、注意事項としてはかなりのボリュームなので、座って食べたい感じです。
(私達はちょっと歩いたベンチでむしゃむしゃと頂きました)
なぜかこの店のある通り(Rue des Rosiers)は道路が舗装されていなくて
(たまたまかな?)歩きにくいので食べながら歩いて躓くという
リスクも回避されますです、はい。


パリは他民族だから色んなお料理が食べられるのも魅力の一つ、だよね。
また思い出したら色々食べ、買い、見てきたことをUpします!
ので、今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by madameorange | 2006-07-17 14:30 | 東京以外もアレコレ
<< 帰国しました&生きてまーす バラマーケットでランチ・・・! >>