ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
タグ:港区 ( 43 ) タグの人気記事
ワイン会→Gran Via@赤坂
さて、ワイン会の食後酒には「胃を刺激し消化を促す」コニャック
(こちらもオーガニック。)が珍しく提供されました。
飲み慣れないし恐る恐る飲んでみたところ、
お・おいしいっ!!
これは危険かも。こちらはコニャック市のSeguin家が作っているVSOP
「皆様普段はこんなの飲まれないかもしれませんが」なんて
言われましたが、普段コニャック自体(基本蒸留酒を)飲まない
私としては、意味がよくわからないわぁ?!
大体VSOPが、Very Special Old Paleっていう意味で、熟成期間が
4年以上。なーんてことも初めて知りましたし。
で、皆「そんなの」は飲まないってことは普通はもっとすごいのを
(コニャックには熟成期間によっていくつものクラスがあるそう)飲むってこと?
それとももっとカジュアル?なになに?

(深まる謎と体内アルコール度数)

・・・何はともあれ、まろやかでそして飲みやすいこのコニャックのせいか
(はっきり言って一本欲しい!)、この時点ですっかり酔っ払いだったにも
関わらず、会がお開きになってレストランを出たら急に
胃がすっきりしてきたような、いや、何だか小腹減ってきたような???うん???

同行の皆様も肉がなかったこともあり同様だったようで
(私だけじゃないのよー!)、Mご夫妻行きつけのスペインバルで
「生ハムでも食べようか!」ということに決定!
(ほんとはさ、ここで帰ればいいのよねー。わかっていますとも・・・)

さー、今夜もデブまっしぐら!いってみましょう!
[PR]
by madameorange | 2006-03-25 21:30 | 東京外食アレコレ
オーガニックワインを学んでみました☆
以前こちらのブログでも紹介したロワールボルドーに引き続き、
また赤坂のフレンチのお店主催のワイン会に参加してきました。
今月のテーマは今個人的にもとても興味のある「オーガニックワイン」♪
こちらのレストランは美味しいお野菜を食べさせてもらえることでも評判なので
なにやらヘルシーそうで、いいじゃない?

More
[PR]
by madameorange | 2006-03-25 18:00 | 気になることアレコレ
かっこいいライブに行ってきました☆
本日は突然お誘いを受けて(暇人でよかった♪)、六本木の
STB139(スイートベイジル)でサックス奏者太田剣さんのライブ聴いてきましたー♪

開演20分前という突然のお誘いだったため、”関係者~”、”ぎょーかいの人~”
っていう感じの人も多くほぼ満席の会場に着いたときは既に
ルーシー・ケントさん(懐かしい!)のMCの途中。
2階席へ案内されつつ、何やら今日の主役の人(と、この時点で一体全体
誰のライブだったのかも知らなかったのよ)は同じ大学出身らしいことを聞きかじり
席に着いた途端にライブ開始。(なんとも無駄のない動きに我ながら感動ヨ)

初めて来たスイートベイジル(来てみたかったんだー)は、六本木の
芋洗坂の途中の煉瓦風建物だけれど、中はブルーノートとかより客席が
縦長な作りで、二階席も充実していたわ。
外にはいい感じのテラス席もあって、ショーの後にのんびりできるそうで、
大人のライブハウスって感じ~。お料理も美味しかったし、いいじゃない、いいじゃな~い♪

ででで、肝心のライブなのですが、これがもう、かっこよかったのだ!
背がすらっと高くて顔もかっこいい(アーンド、指フェチにはたまらない
長くすらーっとした指
を持つ)太田剣さんのファーストアルバム発売
記念のライブだったのだけれど、アルバムの殆どがオリジナル曲で、
ファンクなJazzって感じのかなりかっこいい音楽だったのよー。
タイプ的にはSoulfulSmoothJazz.comで流れてそうなJazz。
(って、わかりにくい?笑)
こういうの、特にライブだといいね~♪
バンド(カルテットでした)もそれぞれとってもとっても上手だし
(特に、Drumsの大槻"Kalta"英宣さん、惚れました♡)、
いや~、大満足よー。こんなお誘いだったらほんと、いつでもWelcome!

それにしても、友達と顔を見合わせて「ちょっとちょっと、かっこいいじゃん!?」
「天は二物を与えるんだね・・・」と、思わずルックスに注目してしまったけど(スイマセン)、
それもそのはず。ふと見れば階下のステージ近くのテーブルには
「まるで女子大の同窓会みたい」(同行者談)に女性がめっちゃくちゃ多くて
うっとりと聴き入っていたわ。
やはり何をするにも見かけって重要!
ルックスも才能の一つである!

という持論を今夜も再認識。

ちなみに、「すごい若いよね」と読んでいたはずの彼が実は
年上(70年生まれ)ということで、ほっとしたような驚いたような・・・!?
だってさ、何であんなに若いのに(先入観)こんな大人な曲が書けるのかな?って
不思議に思っていたのよね。なーんだなんだ。(一人納得)
とにもかくにも、これからも是非に応援していきたい素敵なJazz Playerを
発見できて嬉しい夜でした☆(その内"女子大の同窓会"の一員になってたりしてっ!?笑)

アルバムもまじでお薦め。(大好きなMaroon5のSunday Morningの
カバーも入っているのよん)
暫く家ではJazzが流れる日が続きそうでーす・・・♪(単純)
[PR]
by madameorange | 2006-03-23 19:30 | 気になることアレコレ
Vila Madalena@西麻布
暴風雨の中、今日は毎月恒例「グルメの会」(しつこく自称)で
ポルトガル料理のお店、ヴィラ・マダレナに行ってきましたっ!
場所は西麻布の交差点はTeTe'sからちょっと渋谷方向に歩き、
浜の屋(一方通行に挟まれているあのお店)の向こうを右折、
すぐ左の坂を上り始めてすぐの右側。ビルの1階に漏れる灯りが目印。

あいにくのお天気に関わらず、ほぼ満席のこじんまりとした(30席強?)店内は、
お腹を空かせた私達にはむしろ苦しい位のおいしそぉ~な香りで溢れてます。

ポルトガルについては、長年行ってみたいと願いつつも未だに
そのチャンスに恵まれず、カステラと天ぷらの故郷である、ポートはいけるよね、
などという大変貧しくそして断片的な知識しか持ち合わせていない
のだけど、スペインの隣だし、絶対嫌いなわけがない、いや、好きに違いない!
と、妙な自信を持って出た賭けは大正解!
(あ、今日は私が店選び担当でしたの)

そして今日も食べに食べてまいりました・・・
[PR]
by madameorange | 2006-03-16 20:00 | 東京外食アレコレ
やんも@表参道
今日も寒い!>>>こんな日は脂の乗った美味しい魚が食べたい!
と、意見の一致したTちゃんと、今日は美味しいお魚を表参道近辺で
食べたい時には頼りにしているやんもへ出動。

場所は表参道のA5出口を出て根津美術館方向に歩いて一つ目の
角を右折して少し歩いた左側。れんが造りで嶋田洋書・リストランテヒロなんかが
入っている一角の入ってすぐの左地下。
伊豆の美味しい物を季節にあわせて提供してくれる
いつ行っても外れのない大人用のお店です。

とりあえず「お造り盛り合わせは必須」
2人で求めていた通りのお刺身三昧を楽しめたわ。
今日のお薦めの金目鯛もかんぱちも赤身もどれもこれも感動的に脂のりのり♪

その他もお魚尽くしで、白子、ぶりかま、海老と豆腐の揚げだし、etc
「お魚の脂はお肉と違って脳にいいのよね」と言い訳をしつつ
明らかに女性二人前ではない量の料理を食べに食べちゃった。
(美しく盛り付けられていたのを写真撮る間もなくがっついちゃったので
お見せできずとても残念!)

熱燗が美味しい!と幸せに浸れるのもこの季節(とこの料理)ならではよね~。
ああ、日本人に生まれてよかった。
寒いのとおいしい魚はセットディールというのも、
何だか人生を訓えてくれているようではないですか?!
こういう感覚をわからない人種とは結婚できないわね。
と、ちょっと本気で思った夜でした☆
(え?明らかに機嫌がいい?そうですね、すいません。
食べ物だけでこんなに機嫌がよくなる自分に我ながらビックリよ。(笑))

[PR]
by madameorange | 2006-01-24 18:30 | 東京外食アレコレ
Dean & Deluca Cafe@ベルコモンズ(外苑前)
1ヶ月位前かな?Dean & Delucaのカフェがベルコモンズに
できたよね。(羽田空港にもOpenし、これからも着々と店舗を
増やすのかしら???)
実は外苑前ってスタバが閉まる22時を過ぎると意外と
気軽にコーヒーを飲める場所がないので、個人的にはとても嬉しい♪

c0037299_1836125.jpgカフェは渋谷の東横のれん街とかのショップとは全然違って取扱アイテム数がぐぐっと少ない分ごちゃごちゃしていなくていい感じ。
私的にはここのロゴバッグ方のライト(?ランプシェード?なのか?!外には看板代わりにも使われてるね)と、天井の模様が非常に気に入りました☆かわいくない???

D&Dって売っているものが高い!(年収5000万円以上の
人をターゲットってOpen当時言ってなかったっけ!?ひえ~

ってイメージで、自分用にはなかなか買い物しなかったり
するけれど、カフェならコーヒーが1,000円!とか不当な値段を
つけているわけではないし(年収5000万円の勝手なイメージ)、
普段使いできるのも◎~。

昼間は結構人入っているけど、夜はわりーと空いているので、
あの辺りでお茶するには穴場な一軒かも、です☆
[PR]
by madameorange | 2006-01-23 18:30 | 東京外食アレコレ
壌@赤坂
「一時帰国したら何したい?」という質問に即座に「立ち飲み」と答えた
英国在住の友のリクエストを受け、今日の待合せは 赤坂店。
こちらは赤坂駅から一ツ木通りをちょっとだけ見附方向に進み
(工事中だけどTBS会館の目の前辺りの)細い角を右折し
左側にある木造の一軒家風建物。
以前から一度行ってみたいなーと思っていたのだけれど、
主婦などしているとなかなか機会がなく、彼女のリクエストも頷けるわ☆

フードは300円、ドリンクは500円の均一価格も嬉しいこちらには
既に見るからにサラリーマン、OLな方々が集っていたわ。
私達は「わーい、本当にanegoみたーい」と、ものすごく小さい声で感動しつつ、
ここはひるまず注文をこなし(たつもりだけど)、一杯引っ掛けつつ、
二つ目のリクエスト「ブログで知った(私の)友達に会ってみたい」を
実現すべく彼女を待ってみたのでした。

私は両方知り合いだから当然ながら大した感動はないのだけれど、
彼女達はとっても感激してて何だか羨ましかったなー。
オフ会って言うの?こういうの!?
「想像と比べてどう?」とかって言って、結構面白いねっ!


しかし、いいわね、立ち飲み!これは流行るの納得~
(って、今更ですね!?はい。)
彼女曰く、「イギリスのパブもこんな感じ」だそう。
立ち飲みのお店って沢山あるし、何軒もはしごってのも
楽しそうだし、カジュアルでリーズナブルで、とっても気に入った!
おじさんの専売特許には勿体無いわね!
これはどうやら一過性の流行では終わらなさそうじゃない?
(だから、今更だって!?)

かなり遅いデビューでしたが、これからはスタバやタリーズじゃなくて、
立ち飲み屋で待合せに変えようかなーと思う(単純な)私でした☆
[PR]
by madameorange | 2005-12-27 23:45 | 東京外食アレコレ
タテルヨシノでクリスマスランチ
今日は「グルメの会」クリスマス(&年忘れ?)編ということで、
たまには趣向を変えて豪華ランチ☆
幹事のAちゃんのチョイスはキュイジーヌ フランセーズ タテルヨシノでーす。
芝パークホテルという、大門と御成門の間に位置する、
普通は馴染みのない(sorry!)ホテルのアネックス1階
という”渋い”ロケーションながら満員御礼よ。
随分前から予約していてくれてホントよかった!

クリスマスランチとはいえ、特にクリスマスメニューがあるわけではないのが
逆に嬉しいランチメニューの中から、私達はどうしても「フォアグラのマリネ
というのが気になり、Menu B(5250円)に決定。
(アラカルトには意味のわからないフランス語の料理名が沢山
あったけど、担当のギャルソンの一人が非常に感じ悪く
気弱な私達は質問ができずじまい《お喋りしすぎでタイミング
逃したって話もありますが》。ぐやじーーー!
実はアラカルトメニューで気になっていた
”喜界島(吉野シェフの出身地)の仔山羊のカルパッチョ”がアミューズに
出てきたのだけれど、初めて頂く山羊のカルパッチョは
野性味溢れる香りで、臭いお肉がダメな人はダメね。
(言うまでもなく私はオッケーィ)
柔らかな赤身の仔ヤギちゃんはシェーブルチーズの香りがしました。
この前は鹿肉のカルパッチョを食べたばかりで
ちょっと我ながら4本足の動物の生肉を食べすぎかしらん?
アメリカ人あたりには非人間扱いされそうね。

ま、どちらかというと間違いなく彼らの味覚の方がおかしいのでそれは置いておいて、
[PR]
by madameorange | 2005-12-23 12:30 | 東京外食アレコレ
nikissimoでとろけてきました~
ラポルト青山5Fに今年Openして以来、ずーっと気になりつつも
行ったことのなかった、二期倶楽部プロデュースのアロマトリートメントサロン
nikissimoへ行って来ましたー。

豪雪の北陸からなんとか飛んだ飛行機にて命からがら(!?)
帰ってきた夫は長時間空港及び飛行機で座りっぱなしで、相当お疲れ

私は先日以来の体調不良&絶好調(不調ってうのか?!)の肌荒れに
思い悩んでいたため、2人の利害関係が一致し、図々しくも「今から行きたいんです」と電話。
フルボディマッサージは時間的に無理とのことで、
私は90分のフェイシャル、夫は80分のハーフボディを予約成立☆

通されたツインルーム(お手洗い付き!)は、新宿副都心の夜景が見渡せる
5Fとはいえとても開放感のあるお部屋。
いい香りが漂っていて、案内の女性もとても感じがいいし、
いきなり機嫌がいいわーん♪
バスローブ、アイメイク落としに使うカメリアオイル、置いてある
ミネラルウォーターなど細かい物から、室内の装飾(シンプルでウッディ)まで
一つ一つ手抜きのないところが高いお金を払う価値がある、というか、
このうるさい私でも一つも不満なく(笑)、非常にいいっ!!

ヒートマットの敷いてある施術用ベッドは入った瞬間ぽっかぽか~
(足も別途タオルで更にくるんでくれて、嬉しい心遣い・・・)
肝心のマッサージも同様に手抜きがなく、ツボを刺激しながら
丹念に顔をマッサージしてくれて、もうそれはheavenlyよーん
仕上げにはジェルパックと頭皮マッサージもしてくれまーす♪
スタッフはとても知識豊富で、色々なアドバイスも頂けるわ。
(私はもう少し自分の体のことを考えた生活習慣に変えた方がいいみたい・・・)

ちなみにフェイシャルの場合はネロリ(柑橘系。乾燥が気になるときに)か
ローズ(ホルモンバランスを整える)の2種類から選ぶの。
オイルもボトルを鼻に持っていくのではなく、ちゃんと手に伸ばして
香りを試させて頂けて、普段私はローズ系の香りがどちらかというと
苦手なのだけれど、なぜかこの日はローズに心魅かれたのでそちらに。

隣から聞こえるいびきを笑っていたはずが、私もいつの間にか
眠ってしまい、気付いたら片付けも終わっていたようで
「ごゆっくりで結構ですので起きられましたらお着替えなさってくださいね」
と2人が部屋を立ち去るときに目が覚めたわ。(間抜けな夫婦!)

「いやー、さいっこうだったねー」と
[PR]
by madameorange | 2005-12-17 19:35 | 気になることアレコレ
至福のランチ@すきやばし次郎 六本木店
あまりの寒さに用事をリスケしようかと思ったけれど、
行ってよかったわ~っ
なぜなら今日は図らずも、言わずと知れた江戸前鮨の名店
すきばやし次郎の六本木ヒルズ店でお鮨を頂くことになったから~♪
たりらりら~ん♪うっれしっいなぁ~っ
寒さなんて、体調わるしなんて何のその!
夜会った友達に「何か今日はとっても元気そうだね」と言われる位
私の上機嫌は続き、そして顔に出ていた模様だったわ・・・
(こうなってくるとあまりに単純すぎてやや恥ずかしい気も・・・)


さてさて、私が一生に一度は行きたい(そしてたらふく食べたい)
と思っているお鮨屋さん二軒のうちの一軒がこちら次郎なわけですが
(もう一軒は勿論久兵衛ね)、何の前触れもなく、突然行けるものなのねぇ~(何だか感激)

THE鮨屋といった趣の、無駄の一切ない内装の店内。
白木のカウンターの端にはいかにも俺らヒルズ族というカップルが
ジャージで来ていたけれど(見る人が見たら誰かわかるのかも。
やたらきれいな女性だったわ。←芸能人に疎い)、
その横でちゃんとしたお洋服を着ていてほっとしていた庶民は私。

ま、そんなことはどうでもいいとして、お鮨よ、お鮨。
あのねー、もうねー、芸術なのですねー、江戸前鮨は!!
きっちり仕事をしてあるお鮨とは、こんなにパーフェクトな
ハーモニーを醸し出すものですかと、一口ごとに感激しながら頂きました。

板前さんが(小野次郎さんの次男さんなのかな?)色々教えてくださる
薀蓄をきくと、ありがたみも増したって感じもしたけれど、
いやいや本当に、特に蒸し鮑なんて思わずもう一個!と
頼みたくなってしまったわ。このために再訪したい一品よ。
私がお供させて頂いたご婦人はイクラが苦手で、
それを伝えると、「嫌いな理由がぷちぷちするとか、
しょっぱい味が嫌とかだったらうちのはどちらも当てはまらないよ」
とのこと。
おばさまも(渋々)「じゃあ」と食べてみると、彼の言う通り
「卵かけご飯の味がする」わぁー!そして、とても柔らかい!
ぷちぷちどころか、ふんわりよ。
いいイクラを、きちんと扱うと、こんな味なんだぁー、と、驚いたわ。
卵かけご飯同様、醤油の加減も重要なのでしょうね。
これから味の濃いイクラを蔑んでしまいそうよ。(いけない、
普段からこんなの食べれないんだったわ)
見たこともない位大きな車海老は(天ぷらやさんもこんな大きなのは
入れないそうよ)直前に調理するからまだ生暖かく甘味が・・・。

あ~、思い出すだけで至福のとき・・・
思わず無言になってしまう位それぞれの仕事に感動し、
「日本人に生まれてよかったぁ」としみじみ感じ入ったわ。
職人技で手間ひまかかった小さな芸術品のような鮨達を
ぱくりと頂けるこの幸せ。
ちょっと贅沢だけど、これは価値のある贅沢ね。

久々に美味しいお鮨を頂けて、文句なしに上機嫌な一日でした☆

ところで(悲しい)余談ですが
[PR]
by madameorange | 2005-12-06 12:30 | 東京外食アレコレ