ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
タグ:渋谷区 ( 12 ) タグの人気記事
TORAYA CAFE@表参道ヒルズ
突然お茶がしたくなり、年の瀬迫る表参道へ出て行くと、
つい1週間前の喧騒と、そしてつい数日後にやってくるであろう
初詣の人込が絶対に信じられないような静けさ。
道行く数少ない人達も心なしか皆”仕事納めの帰り”って
雰囲気で、「お疲れさまー」と、メトロの入り口に吸い込まれていくわ。
うーん、寒さも手伝いちょっぴり寂しくなるよう。
東京って、こんなにも地方からの人口が多いのね~・・・

で、「実は僕、表参道ヒルズまだ入ったことないんだよね
という奇特な夫を引き連れ、それではと普段なら絶対に人が多いから
避けるところを、ヒルズ内に入ってみると、これまたがっらーーーーん
人疲れしてしまういつもとは打って変わり、どの店もまるで
私を歓迎しているかのように(勘違い)お客様が少ないわ。
(実際ヒルズってばなーんと元旦からセールをするそうで、それで
お客さんが少ないのもあったのでしょうね。)

ひとしきり建物内を回って一息ついたのはTORAYA CAFE
六本木ヒルズにも入ってますが、私は実はミーハーぽくて未体験カフェだったの。(&、表参道ヒルズって、割とふつーにお茶できる所がないことにも改めて気付く・・・)
c0037299_1811922.jpg
中はモダン和風というのかしら?ありそでなさそなインテリアは、かなーり落ち着きます。メニューはさすがに虎屋であんや葛など和の素材を生かしたスイーツが沢山。お茶類も、「東方美人のミルクティー」など、オリジナリティ溢れてました。

c0037299_1891662.jpg食器類も統一感があって、いいわー。和って素晴らしい、と、ほっと落ち着く空間は今後ショッピングの合間にも是非ほっこりしちゃいたいお店でした。

もう閉店間際?と心配するも、きちんと22時L.O.で通常通り営業していたことに感謝!そして、店員さん、年末ぎりぎりまで本当にお疲れ様!
(自分が休みのため心が広くなっている人)
[PR]
by madameorange | 2006-12-30 21:30 | 東京外食アレコレ
ビストロ ダルテミス@千駄ヶ谷
(ほぼ)毎月開催のグルメの会も、今年最終回。
今日はグルメの会発祥の地でもある原宿のラルテミス
OPENした「Bistrot D'Artemis(ビストロ・ダルテミス)」で1年の締めくくり。

場所は駅なら代々木と千駄ヶ谷の丁度間くらいかな?
明治通りの北参道交差点の南西の角(って、こんな書き方ありかしらん?)。
わかりにくいかも!と思いきや、その辺りでビストロらしい物は
一軒しかないため、交差点まで辿り着ければすぐにわかりまーす。

「さぁ、今日も食べるよ~
[PR]
by madameorange | 2006-12-29 20:00 | 東京外食アレコレ
格差社会のショッピング(!?)
表参道ヒルズの横にラルフ・ローレン国内初の直営店が華々しく
オープンして早一ヶ月以上。
世代的に盲目的にラルフが大好きともいえる我々としては見逃せない
「ラルフの館」(勝手に命名)に、お買い物メイトのTちゃんと行って参りました☆

実はワタシ、かれこれ10年近く前に友達同士で
「世界でたった一つだけ好きなブランドを選ぶとしたらどこ?」
という、当時も今考えても全く何の意味もないくっだらない議論をしていた際に
迷わず「ラルフ!」と答えたのだけれど、今もその気持ちは変わらずなのよ。
(ちなみに友達はそれぞれ「グッチ」「アルマーニ」そして「パタゴニア」・・・
皆それぞれなのね~・・・)
ラルフと言われれば多少へんてこりんな物でも「かわいいかも」と
思い直してしまうかもしれない危険性を孕む位に、ほぼ全てがツボ。
移り変わりの激しいファッション業界において、常にかっこいいスタイルを
生み出していてまじですごい!

なーんてラルフへの熱い思いを語り始めたら止まりませんが、とにかくラルフの館到着よ☆
[PR]
by madameorange | 2006-05-07 12:00 | 気になることアレコレ
ノミの市@恵比寿
雛祭りの今日は家でちらし寿司に蛤のお吸い物を作りましたの・・・
なーんてはずはなく、女友達3人でお気軽フレンチを楽しんでまいりましたっ

ノミの市まんまパリのビストロ!って感じの気楽な雰囲気に、よく気がつく
日本人のサービスが付帯してくる、とっても嬉しいレストラン☆

場所は恵比寿と広尾の丁度間辺り。
恵比寿からだと東口を出てZESTなんかがある通りを白金方向に歩き、
郵便局を左折してまっすぐ降りた、明治通りにぶつかる少し手前の右側。
(fummy's grillの手前ね)
どちらの駅からもちょっと歩くけれど、量が多いのでタクシーには乗らず
お腹空かせて行くのが正解です♪
赤いひさしが目印よ。

楽しそうにお喋りと料理を楽しむ人々で満員の店内は、飾らない雰囲気が
とってもいいわ~
今日みたいに、お喋り目的だけどお料理もおいしくなければ!という
女の子だけの食事にもぴったりだし、会社の人達で軽く来てもいいと思うし、
気取った所は苦手な男性がデートに使うのもいいだろうし、
要はまぁ、いつ誰と行ってもいいんです!
奥の部屋では”ボンソワー”なんてどやっと入ってきたフランス人のお集まりが
開催中=味もフランス人のお墨付きってことよね。

メニューはプリフィクスで、前菜・メイン・デザート(Orチーズ♪)を
選ぶのだけれど、こちらなんと3,200円!(ワーオ!でしょ?)
メニューによって+500円とかってなっていますが、それでも
最終的なお会計は飲んで食べて一人5,000円程度。なんてこと~!?素敵過ぎ~!
見ているとお腹がぐーって鳴っちゃうようなビストロメニューが
揃い踏みで、定番もいいし、今日のお薦めも迷うし…で、大変。
最近、パリにい"き"た"い"ーーーー!!と軽い発作を起こしていたのだけれど、
こちらのビストロ料理(ちなみに私は羊のカスレ、お友達は帆立貝のプロヴァンス風、
牛ほほ肉の赤ワイン煮込みをそれぞれメインにしたけれど、どれもトレビヤーン)
を堪能し、症状少し和らいだわ。

デザートも手作りで美味しくて、いつもながらに幹事の「デキル女・Kちゃん」の
チョイスは素晴らしい!と実感しちゃった一軒でした☆

ところで突然ですが「タイタニック」
[PR]
by madameorange | 2006-03-03 19:30 | 東京外食アレコレ
洋食MIYASHITA@表参道ヒルズ
11日にOpenした表参道ヒルズ
プレオープン時から表参道は明らかに人の数が増え、そわそわしていたのに、
海外に行ってたりしてすっかり出遅れてしまったわ。
やっと今日(寒かったけど)「そろそろ落ち着いたのでは?」と
淡い期待(淡すぎでした。激混み!平日ですよ、皆さんっ!)を抱きつつ行ってまいりました。
c0037299_23164951.jpg
ランチを食べようと思い事前にWebを見たら意外と飲食店が少ないことに驚いたけれど、その中で気になった洋食ミヤシタへ♪暗闇坂宮下があれよあれよと店舗を増やした(そして客単価も上がったよね)末に今度は洋食に進出した模様で、
何となく行ってみたくない?

前日にもおもヒル(勝手に省略)へ行ったRちゃんはその混雑振りを目の当たりにし、
なんとなんと予約をしておいてくれたの!
気が利くわ~!本当に本当にありがとう!
門前払いを食らう人々を尻目に中に入っていける優越感はなかなかのものでした☆
(暫くは大変なことになっていると思われるので、絶対に予約を入れましょう)

オープン記念ランチ5,250円以外はランチはオムライスとかハヤシライスとかの
定番洋食が1600円位からだったかな?
(価格的には私が近所のOLだとしても、たまーにしか行けないランチスポットだわ)
「今日のデミグラスソースは特においしいのでお薦めです」
という店員さんの言葉についついつられた私達は(なぜ今日が
そんなにおいしいのか突っ込みそびれたわ。詰めが甘い・・・
)、
それぞれ”特製ハヤシライス”と”牛頬肉のデミグラスソース煮込み”
をオーダー。(両方3,670円也)
このハヤシライスは、ステーキとフォアグラが添えてあるのが
スペシャルたる、そして普通のハヤシライスの二倍の価格の所以。
”フォアグラ”の文字にくらっときたものの、折角なので違うものを、と
頼んだ牛頬肉、デミグラスソースは(いつもよりもどうなのか
比べようがないけれど、)濃厚で且つどこか懐かしいお味がGoodだったわ。

お野菜のブイヨン煮こみが大体のメニューにサイドディッシュとして
付いてくるのがヘルシー思考をくすぐり、嬉しいかも。
基本に忠実にきちんと"洋食"を作っていますって感じで、
メニューもぬかりないラインナップで色々試したくなる
(コロッケサンドとか、プリンアラモード昭和風
《チェリーが上に乗っているのか!?と、心はやる昭和人間…》とか
気になったわっ)ものの、なにしろ混んでて落ち着かないので、
暫くして、そう、今の六本木ヒルズのように「最初のCrazyぶりが
嘘のようね♪」と言える位の頃にまた訪れたいな。
店員さんもオープンしたてで超忙しいのにきちんとしているし、
インテリアももっと空いてて静かだったら落ち着く感じだし、
これから頑張って長~く存在して欲しいお店でした☆
(銀座とかだと洋食屋さん多いけど、意外と青山では貴重だものね)


ところでなんだかんだで一ヶ月もブログはご無沙汰しちゃったわ。
月日の流れるのは早いもの…そして同じくすごいスピードで薄れ行く記憶…(涙)
徐々にバックデートで記事あげていくつもりですが・・・
花粉症でひきこもらざるを得ない時などにマイペースにやるつもりなの~。
えぇ、生きてま~す

[PR]
by madameorange | 2006-02-24 13:00 | 東京外食アレコレ
La garcon de la vigne@広尾にて自然派ワインに開眼?!
今月の「グルメの会」は”ワインを飲むと(決して年のせいではなく、おそらく使われている農薬とかのせいで)頭痛がする
という筋金入りの自然派ワイン好きAちゃんのチョイスで
広尾のル・ギャルソン・ドゥ・ラ・ヴィーニュ
(という、覚えられない人続出であろう名前のお店)。
広尾商店街を真っ直ぐ進み左に折れてすぐの左側地下一階の
小さなかわいいお店。ワインの樽目印よ☆

昨年近所から広尾に引っ越してしまい個人的には寂しい思いをしている
マルシェ・オー・ヴァン・ヤマダにいらした方が開いたお店とのこと。
小さくてあったかい雰囲気なんかは割と似てるかも~。

実はメンバーの一人Jちゃんの結婚が決まったということで、
サプライズで御祝会♪と、思っていたら、今日に限って
普段時間にとても正確なJちゃんが残業中により遅刻・・・あらーん。
最初にシャンパーン de カンパーイ!(deって書くな!?)ができない状況下、
事情を話してあった店長さんが軽めの白ワインをお薦めして下さったわ。
お忙しい中恐縮ながら、ついでに自然派ワインとはなんぞやという
お話をうかがったのだけれど、そういった知識をもって
飲むと、なるほど、素朴だけれど自然のダイナミズムが感じられる深い味わい。
作り手が一所懸命手間隙かけて作ってくれたワインを
遠いファーイーストの島国で飲める幸せに感謝だわ。
やばい、大量生産ワインが飲めなくなるかも!?(多分大丈夫だけど
と不安になる位「個性はあるけど変にとんがってない人」って感じの
自然派ワイン(BIOワインって言うんだっけ?)の魅力の虜だわ。
(体にも良さそうだしね)

無事にJちゃん到着~
[PR]
by madameorange | 2006-02-10 19:30 | 東京外食アレコレ
Elio's Caffe@恵比寿ガーデンプレイス
お友達と映画を観に久々に行った前後、
Elio's Caffeにてお茶&お食事。
前後というのは、映画の前にお茶したときに
メニューでみてしまったおいしそぉ~なラザニアが忘れられず、
映画鑑賞後も同じ所に舞い戻ってしまったから。
(店員さんも、「あれ?忘れ物?」ってな不思議顔だったわ。)

ところで、平日とは言え、久々の恵比寿ガーデンプレイスは
人もまばらで、考えられない静けさ。

「一時期は混んでたけど、ガーデンプレイスも終わってるねー。
もう、クリスマス以外は人来ないのかねー。ま、静かでいいけどねー」


などと呑気に言っていたけど、考えてみたら
サッカーのワールドカップ予選・・・だったのねーー!
聞くと関東地方の平均視聴率は43.4%とか。
なるほどあのゴーストタウンぶりも頷けるわ。
尋常じゃない人通りのなさと静けさに改めて
ニッポンのサッカー人気を実感!

かく言う私達は、勿論ジーコジャパンにドイツには絶対行って欲しいし、
帰り道に家に電話して結果聞いて喜んだけれど、
ブルーのユニフォームを着て国立で応援したサポーター
からご覧になったらおそらく『非国民』レベルの熱の入れ方
(すみません、だって、本当なの。)なのかも…
ということで、
静かな静かなガーデンプレイスのオープンテラスで、
ゆっくりとイタリアンを楽しんじゃった☆

外人が多そうで一見かなり小じゃれたカフェにも
関わらず、店員さん非常にナイスなのがいいわぁー。
勿論お目当てのラザニアと、前菜にはブルスケッタ(予想以上に美味)、
それからやはり写真入メニューで
目を引いたジェノヴェーゼペーストのパスタ
&ハウスワインをグラスでオーダー。
(すっごい炭水化物ばかり!)
ハウスワインは赤も白もちゃんとしたグラス
("いかにもハウスワイン"という小さい安っぽいのではない
という意味で)でサーブされ、お味もかなりいけてたわ。
例えばお昼間に軽く一杯飲むのにも
やはりきちんとこういう風に出てくると嬉しいよねー、きっと。

あまり行かなくなってしまったガーデンプレイスだけれど、
こちらはカフェとしても、ちゃんとしたお食事を楽しむにも、
過不足なく使えるいい店だわ(今更でしょうか?)
映画観に行ったときの定番になりそう☆

友人によると、半蔵門にカフェでなくてレストランがあるそうで、
そちらも行ってみたいわね。


食べ過ぎたので歩いて帰った(健脚!)道すがら、
沢山のサポーターの方々とすれ違ったわ。
青山近辺は国立競技場帰りの人が特にすごくて、
ちょっと冷めやらぬ興奮のお裾分けを頂いた気分♪
[PR]
by madameorange | 2005-06-08 23:00 | 東京外食アレコレ
ラミ・デュ・ウ゛ァン"エノ"@神宮前
ダイエットを続けていても、どうしても外食しなければならないことも
あるわけで…
そして、そんな中にはどうしても紹介したくなるような美味しい
お店もあるわけで…
って、別に言い訳するほどのことでもないのだけど。

この日はオトモダチ夫妻と4人で家の近所の
割と昔からある(97年OPENとのこと)フレンチ
ラミ・デュ・ヴァン"エノ"」へ。
外苑西通りの神宮前2丁目の交差点を千駄ヶ谷方向に向いて
右折した左側のコンビニの隣にかわいく佇む
「ここだけ突然フランスの片田舎」的なお店。

以前この夫妻とお食事した時、彼らの家の近くの
小さなフレンチ
に連れて行っていただいていたので
何だか全く同じ展開で芸がない感じではあったけれど、
気に入ってくれたのでよしとしよう!

More
[PR]
by madameorange | 2005-05-20 23:00 | 東京外食アレコレ
藹藹(AIAI)@神宮前
東京で沖縄料理を食べる気がしなくて避けていたのだけど、
どうにもこうにもあの南国な雰囲気が恋しい今日この頃、
沖縄料理でありつつ、無国籍でもあるという
不思議な店があるという情報をキャッチし、
どの駅からも徒歩10分弱かかる所にひっそり佇む
「藹藹(AIAI)」に行ってみたところ、予想以上によいとこでした☆

場所は例のワタシが不覚にも泥酔した美味しいフレンチラルテミス
お隣のビルの地下一階。
わかりにくいけれど、道に一応「藹藹(AIAI)」と書かれた
オレンジ色の手作り風アートな看板が出ているので探しましょう。

階段を下りて
[PR]
by madameorange | 2005-04-29 10:00 | 東京外食アレコレ
ここ一番のヒット!:L'ARTEMIS @原宿
ものすごい「当たり」のフレンチを発見してしましたー。(喜)

L'ARTEMIS Petillante(ラルテミス ペティアント)は、
明治通りを、千駄ヶ谷と原宿の間辺り、United Arrows
なんかのある方へ曲がる歩道橋のある交差点を(新宿方向に向かって)右折、すぐ一つ目の信号を左折してちょっといった左側にあります。
(住所的は渋谷区神宮前)

お友達が目をつけていたここは、お店のロゴマークも
店内に飾られている絵もすごくおしゃれでかわいい!
お店の前に着くと既にいい香りがしてきました。ワクワク♪

メニューは
[PR]
by madameorange | 2005-02-18 14:31 | 東京外食アレコレ