ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Trick or Treat!
朝、マンション内をぼーっと歩いていたら急に
c0037299_2315066.jpg

こんな巨大クモが視界の端に入ってきて、一瞬短い悲鳴を上げてしまったわ。
すごいでしょお!?
何事かと思ったら今日はハロウィンなのね!
(しかも写真では下の雑誌の男性の顔がもっと怖いし!)
よく見回すとあちらこちらにデコレーションが・・・
c0037299_23202180.jpg

そして、Googleもさすがにハロウィン仕様~!
アメリカではかなり大きなイベントよね~。
c0037299_23282898.gif


さて私は仮装するほどのエネルギーがなかったので
(というか、頼まれてもいないわね)こんなクッキーで
ハロウィン気分高めてみましたっ☆
c0037299_2324819.jpg

かわいいーーーーっ!!

(ちなみに、仮装した子供にあげたのではなく、
自分たちで頂いてしまいましたわん。ごめんあそばせ)

突然、去り行くハロウィンを記録したくなった10/31でしたっ☆

関係ないけれど、
[PR]
by madameorange | 2005-10-31 23:42 | 気になることアレコレ
緑の親指のない女
このブログを読んでくれている友人に会うと
「そういえば気になっていたんだけど、聞きにくくて…」と、
控えめながらに聞かれることがある、バジル君のその後の成長について。
そうそう、ご報告遅れました・・・
えぇ、
大方のご想像通り、死亡しました。

「バジルって水さえあげれば大丈夫よ」
「最も育てるのが簡単な植物!」

と、励ましてくださった皆様、ありがとう。
でも、それですら私には無理だったみたいなの~っ・・・(号泣)

最初は調子よく育っていたんだけれど、旅行前に実家に
預けたところ、帰国後「ごめんね、裏に虫が付いていたみたい・・・」と、
非常に申し訳なさそうな衝撃の告白
うっそぉーーーー!全然気付かなかったし!
虫が付いたまま車に乗っていたかと思うと、本当に気持ち悪い
申し訳ない気持ちでいっぱいだわ~ん、ごめーん、妹!
「バジルはとっても虫が付きやすいんだって」
と、またまた優しいお言葉を聞くと、ますます胸が痛むわ。

(しかし、毎日お水やってて気付かないって・・・
しかもたまに食べていたって…っぎゃーーーーーん!
忘れよう!忘れるのよ!)


さて、気を取り直して一つ新たな英単語を。(話逸らしてるのよ。笑)

この話をしたら友達曰く、
"So, you don't have green thumb."

green thumb⇒緑の親指?

想像すると可愛いような気持ち悪いような微妙な表現じゃない?
辞書で調べると「an unusual ability to grow plants」だそう。
英語だと何だか育てられる人の方が特別に聞こえて(だってunusualよ)
何となく罪が軽くなった感じ。ポジティブでいいわ、気に入った!
(実は私はan unusual ability to kill plantsを有する気も
しないでもないけれど、残念ながら該当する言葉が見当たらないわ。)

「I do not have green thumb!」

これからハーブはスーパーで買いまーす!(笑)
[PR]
by madameorange | 2005-10-29 10:26 | 気になることアレコレ
茶寮 凛@表参道:ぐるなび、すごいわ☆
本日は表参道のB2出口から出てすぐUターンした
最初の角(=車で246からハナエモリビルまでの裏道に曲がる一通の角)
のビルのB1Fにある「茶寮 凛」へ。

カウンターだけの店内に入った瞬間
「あちゃー!?どこかのバーが潰れて居抜きで入ったのかしら?」と、
一瞬不安になった浅はかな人間は私です…ごめんなさい!バカバカバカっ!
そんな失礼な私の第一印象をいい意味で裏切りまくりの、
それはそれは見目麗しく、お味は奇をてらわない
きちんとした和食を久々に堪能できたわっ!

ところでこちらは顔の小さい木佐彩子似のかわいいサービスの女性
(ちなみに私の"芸能人似ている話"はほぼ誰にも同意を得ないことが
多いので、さらっと流してくださって結構よ…)と、
無口に真剣な眼差しでてきぱきと料理をするちょっと年配の男性料理人
の2人だけで切り盛りされている模様。
金曜の夜で忙しかったのか、途中料理に間が空くと、
「すみません」「待っている間にどうぞ」と、お詫びワインを
(わざわざ新しいボトルを開けて)グラスで持ってきて下さるなんて
感動じゃない?
料理の「間」は積もる話もあったしあんまり気にしていなかったんだけど、
お陰様で"全然"気にならなくなったのは言うまでもないわ。
ごちそうさまでーす♪

本日はお友達が予約しておいてくれたらしい「ぐるなび」のコースでした~
[PR]
by madameorange | 2005-10-28 20:00 | 東京外食アレコレ
シチリア料理をいっただっきまーす!:トラットリア・ダ・トンマズィーノ@外苑前
予約がなかなか取れない、「近くて遠い」イタリアン、
トラットリア・ダ・トンマズィーノへ、月曜日だしもしや?!とダメ元で当日電話してみるとラッキーなことに
「今からデザートを召し上がるお客様がいらっしゃいます。」とのこと。
ご親切に終わったらお電話くださるとのことなので、
喜んで予約。
お店の方が忙しいだろうにとっても親切だったのが素晴らしかったわ~

こちらは銀座線外苑前の駅からスタジアム通りを
まっすぐ歩いて秩父宮ラグビー場の手前右側のビルの二階。
オレンジ色のひさし(?)が目印よ。

食道楽のTちゃんと飲みつつ話しつつ待つこと
約1時間(結構長かったぁー。やっぱり女性だったぁー。笑)。
「お待たせして申し訳ございません!」と真摯に謝る
店員さんにいざなわれ、美味しい物食べてます!パワーが
充満する店内へ。

入った瞬間
[PR]
by madameorange | 2005-10-24 21:00 | 東京外食アレコレ
ARGO@半蔵門
友人お薦めARGOは半蔵門という普段殆ど足を踏み入れない
エリアに置いておくのは勿体無いくらい(勝手な意見です、ハイ)
素敵なライブラリーカフェ&レストラン♪
半蔵門駅からだと3番出口を出てすぐ右に曲がり、そのまま
まっすぐ行った突き当り左角。

私的"素敵ポイント"は主に3つ:
①眼下に広がる見下ろす皇居&その向こうにそびえる丸の内のビル群の
9階からの眺めが素敵!(さえぎる物は何もない!)
②ライブラリーカフェに並ぶ結構な量の洋書のセレクションが
バラエティに富んでて素敵!(外国のホテルみたい!)
③主張しすぎず、でも洗練されたインテリアが素敵!
「デザインイメージは個人の高級レジデンス」とのことですが、そう!
(もろ好み♪特に個室がいいわぁ~!)

とにかくこんなのもっと人通りの多い街にあったら大変!
と変な心配をしてしまう位素晴らしい空間よっ。
ちなみに一階のエントランスも、One Four Twoと
いうロゴの形や(最近流行ってる?番地をそのままビルの名前にしてあるの)
シンプルな何もないエレベーターホールが、
まるでNYやLondonの街角にありそうな雰囲気で、
これまたツボにぐぐっとくるわ。

c0037299_1993240.jpgランチのデザートは+400円でこーんなに沢山の(そしておいしそうな)中から選べ、更にはカフェスペースへ移動して頂くことも可能。えぇ、ご想像通りとても長居してしまったわ・・・(苦笑)



c0037299_1911721.jpgカフェ側の窓の下にはちなみにお隣の英国大使館が見えるんだわ。この日はあいにくのお天気だったけれど、それでも感激☆


また天気のよい昼下がりにお茶、またはかきーんと寒い日に
輝く夜景を見に訪れたい、ちょっと知っててお得な一軒でしたっ!

KikiVickyちゃん、ご紹介ありがとうございまーす☆
[PR]
by madameorange | 2005-10-22 11:30 | 東京外食アレコレ
SAVOY→Bistro Mother Moon@中目黒
中目黒勤務の友人と、長年行きたいと思いつつ行けていなかった
SAVOYでピザNight!
中目黒の駅改札出て右の方へ歩き、一本奥の小道に
佇む(道順の説明が簡単なのに難しい!)小さなお店。
予約必須とのことで、なるほど店内に入るとカウンターも二階も満員御礼。
通されたテーブルは相席で、しかもお隣さんは2回転していたわ。

一人一枚食べられるという噂のピザは、
隣のグループのを横目に見ると「え~?普通に大きいよぉ~」って
サイズだったけど、いざ食べてみると、いやー、納得!
余裕でいけるわよぉ。(そしてまた食べすぎよぉー 笑)

東京中にその名を轟かすこちらのピザは(あは、大袈裟?)
潔く2種類のみで直球勝負よ。
もちもち生地に、マルゲリータはチーズたっぷり・マリナーラはガーリックたっぷりで、
シンプルにがつんとおいしいっ!

L.O.早目なので、さくっと食べてさくっと帰るが正解みたい。
中目で働いてたらしょっちゅう来れて羨ましいわ!

SAVOY
住所:目黒区上目黒2-7-10
TEL:03-3714-5160


じゃ、二軒目移動するー?
[PR]
by madameorange | 2005-10-20 20:00 | 東京外食アレコレ
かみくら@神楽坂
一ヶ月って早いもので、またまたやってまいりました、グルメの会。
今日はJちゃんチョイスで神楽坂の一軒家フレンチ
かみくら」へ

神楽坂の車も入れない裏通りに佇む木造一軒家を改装した、
"お箸で食すオリジナルフレンチ"を提供するこちらは、満場一致(って4人だけど)で
「お忍びデートに最適」&「でも、ここに連れてこられるのはビミョー」
という一軒よ。
・・・わかるかしら?この微妙な心理。(笑)

「お忍び」とか「隠れ家」って、レストランの形容詞としては
既に使い古された感があるとはいえ、それでも
デートの場所を探すとなると、気になるキーワード。(ではない?笑)
そういう意味でこちらはとても魅力的なのだけれど、
逆に「いかにも」すぎると万一知り合いとばったり
というときにかえって気まずい・・・ということで、実はNGだったりするじゃない?
そういうこと・・・なのよ。

c0037299_19395351.jpgとはいえ、我々のような、食べて飲んで喋りたい人間には何の問題もなしよ。お通しから大好きな生牡蠣なんて出てきてそれはゴキゲンだったわ♪それから、自家製スモークに「今日はメニューにはないふぐがあります」とのことで頂いてみたらとってもGood♪メニューに入れて欲しいっ

では何でそんなこと↑を考えたかというと、
[PR]
by madameorange | 2005-10-13 19:30 | 東京外食アレコレ
フォアグラ好きならmust-go!:Saint Pierre@Singapore
噂によると「シンガポールのフレンチレストランは侮れない」らしく、
中でもここSaint Pierreはイケメンベルギー人シェフがオーナーで
且つフォアグラがスペシャリテとのこと。
見逃せるわけがアリマセン!

タクシーの中から「ファオグラ、フォアグラ♪」とうっきうきで
辿り着いたMagazine Roadは、こんな所に?
と不安になるような通りだけれど、よくみるとタクシー乗り場もあるし、
夜になるほど人が増える、レストラン&バーエリアみたいよ。
帰りは不安で店でタクシーを呼んでもらったけれど、
その車を待つ間にもどんどん人をおろすために
タクシーがやってきたから、実は必要なかった位。

さてさて小さな店はドアを開けるとバースペース、奥にダイニングスペースが。
外にも小さなテーブルが置かれているから、
食後に夜風に当たりながらデザートをついばむ(感じだった)
カップルも。様々なシーンに対応可ね☆
シンガポールらしからぬ雰囲気は席を埋めるexpat風顧客層のせい?
それともきちんと白いクロスがかけられキャンドルが
置かれたテーブルを囲むシンプルなスペースのせい?
おしゃれ必須の勝負ディナー向けレストランらしく、
社用族以外はリッチそうなカップルばかりだったわ。
(中国系のお金持ち男性は例外なく太っている気がするわね。
あ、人のことデブなんて言えなかったんだったわ。)

さすがフォアグラ自慢の店だけあって、メニューの1ページは
全部フォアグラ!!WOW!
フォアグラってこんなに調理法があるのねー!(目がハート)

季節のお薦めが少しずつ頂けるdegustation menuは
S$90で、これにお料理にあわせたグラスワインがつけられたり、
名物フォアグラをプラスすることも可。
本当だったらこれ行くところだけれど、悲しいかな
この日は昼間にアフタヌーンティーでスコーンだの何だのを
食べすぎていたためさすがの胃もこれはちょっと・・・。
涙を飲んでアラカルトにすることを伝えたわ。

店員さんのメニューやワインの説明もかなりきちんと
していてまたまたシンガポールらしからぬ感じ。
やたら洗練されてるのよ!(って、ばかにしているのではなく、
単にいつもと違うってことで)
c0037299_21575865.jpg
フォアグラは「この店が初めてだったらFOIE GRAS CLASSIQUEを
頼めとのこと。(既に興奮で手が震えていたのか、ぶれていますが)リンゴに乗ったフォアグラのソテーはんもう、さいっこー!もう一度食べたい!いえ、食べるわ!


c0037299_222139.jpg順番が前後してしまうけれど、アミューズもこんなに立派なものが出てきて、かなり感激よ☆フランスのおしゃれなフレンチレストランにきたみたいなプレゼンテーションじゃない?!


あと、ここですごいと思ったのは、ワインのハーフボトルの種類の豊富さ
こちらの人ってアルコール摂取量が少ない気が薄々していたのだけれど、
やっぱりそうなのかしらん?
とにかく、今回のように女性2人だと特にありがたいリストだったわ。

結局2人で食べて飲んで一人約1万円位。
料理・サービス・ハードのどれをとっても、東京の
いいレストランと遜色ないレベルなので満足よ。
ここが東京にあったら、是非デートに使うように
皆に教えて差し上げたい…
そんな一軒でした☆
[PR]
by madameorange | 2005-10-09 21:43 | シンガポールアレコレ
"女優写真"、撮ったことある?
シンガポールも、3ヶ月も連続で来ると
ちょっぴりマンネリ気味のCちゃんと私…
というわけで、今回はsomething differentに挑戦よ。
ターゲットは、香港、台湾などに旅行に行ったときに
Tryした方も多いと思われる、所謂「女優写真」☆(笑)
スタジオでヘアメイクをしてもらい、プロのカメラマン(?)に
撮ってもらう、あれ!

Cちゃんがリサーチしておいてくれたお店はThe Beautybox
伊勢丹Scottsのそばのビルの3階の小さなお店だったわ。
台湾・香港などと違って、シンガポールでは
チャイナドレスなどの「衣装」を着て撮るのではなく、
「casual outfit」=普段着(!?)で撮るのが主流な模様で、
どうせなら思いっきりわざとらし感を出したかった私はちょっぴり残念。

「やってみたいだけ」の私<32歳>は一番シンプルなパッケージ(写真が4枚貰えるもの)→クーポンがあって6500円位、
「今のうちにきれいな自分を撮っておきたい」Cちゃん<27歳>は豪華パッケージ
(写真大中小合わせて14枚&CD-ROM)→ネゴって14000円位
をチョイス。
この温度差は、言うまでもなく、「5才の差」の大きさを物語っているわよね。
でもさー、そんな何枚も自分の写真、要らないのよねー、正直。
(とても現実的なのも30代の特徴でしょうか???笑)

Aaaaanyway、
[PR]
by madameorange | 2005-10-08 10:27 | シンガポールアレコレ
有名インドカリー店2つ☆
シンガポールでチキンライスと並んで有名な食べ物の一つに
フィッシュヘッドカレーというのがあるのをご存知?
その名の通り魚を頭ごと入れたカレーで
純粋なインド料理ではなく、マレーや中国の文化が
混ざったシンガポール独特のものだそうよ。

今日はTちゃんお薦めのフィッシュヘッドカレーが有名なお店でランチ。
タクシーに乗って「リトルインディア。バナナリーフ、プリーズ
というだけで「フィッシュヘッドカリー?」と
聞き返されるほど有名みたいなので、
場所も住所も知らなくても連れて行ってもらえて大変便利。(笑)

タクシーがつけた所はリトルインディアの目抜き通り(Serangoon Road)と
並行して走るRace Course Road.
フィッシュヘッドカレーで有名な二店:
Muthu's Curry Restaurant(ムトゥーってもしやとても典型的な
インド人の名前なのかしら?)」と
Tちゃんが「Banana Leaf」と呼んでいたお目当てのレストラン
Gayatri Restaurant」(名前が変わったみたい。以前は
Banana Leaf Apoloだったのでこちらの方が通じるかも?)
は何と隣りあわせ!便利というかビックリというか・・・。
予想以上にきれいな二店は、どちらも人気だそうよ。

店内に入り、
[PR]
by madameorange | 2005-10-07 12:50 | シンガポールアレコレ