ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
カテゴリ:東京以外もアレコレ( 25 )
I LOVE Trader Joe's!!
アメリカに行ったら絶対にお買い物をするところ。
それは勿論ニーマン・マーカスに決まってるでござーます♪
と、言いたいところですが、私の場合絶対絶対Trader Joe's

こちらはカリフォルニアを中心にアメリカ全土20州にチェーンをもつ
スーパー?グルメショップ?・・・非常にカテゴライズが難しいお店、なのです。
取り扱っているのはPB商品中心に野菜・乳製品からお掃除用品などの日用品、
お花、グリーティングカード、ペット用品、などなどとっても幅広く、
アメリカの所謂スーパーマーケットに比べたら全然小さい店内には
しかし、断然魅力的な商品が並びます。

More
[PR]
by madameorange | 2006-09-15 17:30 | 東京以外もアレコレ
アメリカ国内線:ハンバーガー人気の謎
というわけで、シカゴは早々に退散し、久しぶり且つとても楽しみな
カリフォルニアベイエリアへ移動するために、シカゴからサンフランシスコへ
約4時間の空の旅。
時差は2時間。広いぜアメリカ!

Unitedのハブ空港なのに、天候不良によるDelayが多いことでも
悪名高きシカゴはO'Hare空港。
空港までの高速もいやってほど混んでたけれど、チェックインカウンターも
それはそれは気が遠くなるような長さ。
私はラッキーにもマイレージがプレミアステータスだったので
(この違いにはこれまでUAに我慢して乗ってきた甲斐があった気がしたわ・・・感涙)
短い列ですいすいチェックイン。
とはいえ、自動チェックイン機ががんがん故障していて、2/3位しか
機能していなかったのはさすがUnitedというべき?(苦笑)

相変わらず厳しいのかいい加減なのか微妙なセキュリティを
ぬけ、無事777機内へ。
と、なんかね、待ってるときも乗ってからも周りから
よくハンバーガーの匂いがする・・・っていうか、食べている人が
やたら多い気がしてたのよ。
さすがアメリカ人、どこでもバーガー食べてんのねー!?とかって
思ってたらね、わかりましたわかりました。
あのね、機内サービスがドリンク(アルコールは有料)のみなのね!いつのまにか。
普通さぁ、4時間も乗ったら軽食でないかなー?人としていいのかねー?
と、私のような者は思うわけですが、出ないものは、出ない
欲しい人には$5でスナックパックっていうオプションがあるけれど、
そこまでして食べたいような物は入っていないんだな、これが。
(スナック菓子やチーズなどがパックになっただけ)
食べたいなら自分で買ってね、ってそういうスタンスのようです・・・。

隣の人のバーガーキングの匂いには正直辟易としたのだけれど、
気持ちもわかるわ。
私は仕方ないのでふて寝!(笑)

SFOに迎えに来てくださったTさんがその足で近所の
飲茶に連れて行ってくれた時の嬉しさと言ったら!!!
ちまきサイコー!しゅうまいサイコー!
あぁ、やっぱりカリフォルニアだね~っ

アメリカ国内線乗るときは腹ごしらえ必要ってことで、今回の旅では
また一つ学びました☆皆様もお気をつけ下さいませ~
[PR]
by madameorange | 2006-09-14 10:30 | 東京以外もアレコレ
シカゴに行ったら何をする?
何もないアメリカ中西部の代表都市シカゴに行って何をすればいいのか?」

ミシガン湖クルーズ(海みたいに広いのよねー、これが)、
ブルースを聴く、
The Field Museumで恐竜(の骨)Sueに会う、
Frank Lloyd Wrightの家を(郊外まで)見に行く、
The Magnificent Mile(と、大袈裟に呼ばれる目抜き通り)でショッピングする、
Chicago Pizza(と、呼ばれる大変クラスト部分の分厚いピザ)を食べる、
ホットドッグを食べる、
ステーキを食べる、
・・・うっぷ、ここまで書いただけで胃が肉と油で一杯になってきてしまったので以下割愛

と、まぁそんなところで、お天気に恵まれず、がたがた震えていたような状態の
今回は、アウトドア物、夜物は全てパスってことで、
肉及び脂っこい所謂アメ食を仕方なく食べる頂くことが
メインになってしまいそうだったシカゴ滞在。
いけない!そんなのいけないわ!(ただでさえ体重は危機的状況なんだから!)

しかしその中で、一つだけ、そう一つだけ楽しみに出来たイベントがあったの

それは、世に名高いシカゴ交響楽団を生で聴くこと
ディズニーのファンタジア2000を演奏していたことでも馴染み深い
こちらのオーケストラは、ヨーロッパのオーケストラにも劣らない実力と言われている、
私ですら知っている有名楽団。是非に生で味わうチャンスを見つけたかったの。

調べたところ、こともあろうに滞在最終日の夜に
無料コンサートが市内のミレニアムパークという、これまた
建築としては興味深いフランク・ゲイリー(最近はティファニーとコラボでこれまた斬新なFrank Gehryコレクションが出てるよね♪)デザインの
ステージにて行われるというではないですか!
今シーズンの幕開けを飾るコンサート。一気にテンションあがります!!

このためならどんなに食べ物が美味しくなくても私、ここにいるわ!
[PR]
by madameorange | 2006-09-13 18:30 | 東京以外もアレコレ
アメリカに行ってました☆
10日間弱ではありましたが、久々にアメリカ(シカゴ&SFベイエリア)に
行ってきました~
久々のアメリカはセキュリティチェックも思っていた程非道ではなく
(気の持ちようだね、はっはっはー)、ストレスフリーで楽しんできました~♪

さて、まだまだ真夏日だった東京で、Web上の「シカゴ:最高気温23度」という
文字を見ても一切信じようとせず
「パーカー、ジャケット各1枚でいっか」、
「ジーンズとスニーカーは何となく持って行きたくないから麻の
パンツにサンダルで代用」

と、無理矢理極力荷物を増やさない方向で進めたパッキング
・・・が、たたりまして、行ってから3日間、ずっと雨に降られたシカゴでは
久々に「さっぶーーーーぃ!」を連発してきました。
(お陰様で秋への心の準備は万端ヨっ!)
シンガポールから来ていた友達も私の裸足の足元を見て
心から同情する有様で、以後、天気予報は信じようと
心に固く誓った次第。

今回やたら顕著に感じたのは、同じ国内なのに全く違う
シカゴとベイエリア(今回は殆どCoast沿いのHalf Moon Bayというのどかな町にいたの)!

ベイエリアには一度住んでいたこともあり、かなりエコヒイキ入っておりますが、
シカゴはステーキとホットドッグとピザが自慢という
THEアメリカな都市だけあって、困ったのがお食事。
その大味なメニューと量に(怖くてUSビーフに
手をつけれらなった小心者は私です)、THEアジア人な
私達はお腹が空く(そう、それでも空くのだわ~)度に憂鬱。
満場一致で「どうしてもワンタンメンが食べたい」と、街を歩くも、
雨だし土地勘はないしと、結局見つからず、最終的に
日本食屋で鍋焼きうどんをオーダーしたりしちゃった。
海外で和食が恋しくなることなんて滅多にない私にしては
異例の出来事。以後、中西部に行くときはカップラーメンを
持参しようと心に決めたわ。(と、失礼ながらその辺のレストランを
カップラーメン以下に認定)

c0037299_14204674.jpgその点カリフォルニアは”いつものように”お天気もよく、心なしか街行く人々も健康志向なのかシカゴに比べ平均体重3kg位低そうに見えたわ。(無論日本人とは比べ物になりませんが)
食事もお料理は日本人のご夫妻の所に滞在させて頂いたお陰様で美味しい物ばかり。空港からその足で飲茶(美味しいし、安い!)を食べにいけたのは本当に感激!!
移民の州、CA、万歳!!
(写真は散歩しながら見えたゴルフコースと太平洋。当たり前ながら、広い!)

とはいえ、シカゴも楽しんだので、細かなことは追々アップする
(ほんとか!?)つもり~
Californian Sunshineにて充電完了+時差ボケ中の間に頑張りまぁーすっ!
[PR]
by madameorange | 2006-09-10 13:30 | 東京以外もアレコレ
Fallafel食べたことある?
薄れゆく、いや、ほぼ消えゆく記憶を手繰り寄せてのお話ですが・・・
私7月にパリに行っておりまして、そのときのことを一切書かないまま
年が明けていたんですね~。このままずっと書かないというのも「手」だけれど(?)、
写真見てたら突然食べたくなった「ファラフェルサンドイッチ」。
パリは大体何を食べても美味しくて美味しくて一日中(私の)微笑みの絶えない
街ですが、今回初めてマレ地区の方のホテルに泊まってみて
散策したときに見つけたこれも◎!

マレ地区は貴族の館が点在し、細い小道にお洒落な店も沢山ある
非常に楽しい所。ゲイの街でもあるそうで、確かにあまりにもかっこいい
男性の二人連れが沢山いらっしゃり、あぁ、女は究極的には
男にはかなわないのであるわーーー
と、改めて落ち込みます
c0037299_19364915.jpgさてさてその中にユダヤ人街と言われる一角があって(中華街みたいなもの?違う?)、ここL'As du Fallafelは、日曜閉まっている店が多いせいもあってか(ちなみにマレは開いている店が多いので、日曜の散策はお薦め☆・・・混んでは、いる。)ながーい行列ができる繁盛っぷり。

Fallafelとは、ひよこ豆(ラブ♡)で作った一口コロッケみたいな物らしくて、
テイクアウトコーナーではピタパンにこのファラフェルや野菜を
どばーっと挟んだ迫力サンドイッチが買える(模様)。
お店のおにーちゃん達(総じて顔が濃い)が「Fallafel Fallafel」と言いながら
(今でも思い出すと頭から離れなくなるような独特なリズムで言うんだな、これが)
宣伝(客引き?)してます。
「ここに並べばいいんですか?」もフランス語では言えない
可哀想な私達はとりあえず意味もわからず並んでみたけど、
店があっててよかったーーー。
そして並んでいる間に注文を取りに来るおにーさんは片言の英語を話してくれて
ちょーーーー助かったぜぃ。

<ここまで言葉がわからないと、周りの喧騒も無音のように感じられることを
新発見。>


でね、これが大人気のファラフェルサンド♪
[PR]
by madameorange | 2006-07-17 14:30 | 東京以外もアレコレ
バラマーケットでランチ・・・!
決して恵まれているとは言えないロンドンの食事事情ですが、
今回はグルメのガイドseptfilles様のお陰で、私不満もなく
旅を続けさせて頂きました。
今日は彼女から「ランチはバラマーケットで食べない?」とのお誘いが。
事前調査を一切していなかった私の頭には当然のように
薔薇の花が浮かんだものの、とりあえず間違いはないだろうと
軽く「OK!」♪

慌ててお借りしたガイドブックを見てみると、×薔薇→○Borough
(私はボロウと読みたくなりますが、英国ではバラ、なのね)。
ふむふむ、こちらは普段はロンドンの胃袋を支える卸売り市場で、
ロンドンのレストラン・ホテル・パブなどなどの仕入れが行われるとのこと。
そして、金・土にはカラフルなグルメショップが沢山の楽しい
Borough Food Marketが一般に公開されるのです!

楽しそうで美味しそう☆
[PR]
by madameorange | 2006-07-07 11:30 | 東京以外もアレコレ
印象的だったのは・・・TUBE ~ロンドンのお話~
さーて、ロンドンであったこと・・・
と、考え始め、なぜかあまりに衝撃的な真実であったため
やっぱり(!?)最初に思い出してしまったのは今回
ガイドブックすら持参しなかったなめた(ごめん!)私を
素晴らしいアテンドでもてなしてくださったロンドン在住の頼れる友人
から聞いたこのお話・・・

すみません、本当は美しい物も見たし、楽しいお話も沢山あるの。
でも、でも、やっぱりこれからいくわ。

それは、Londonで毎日お世話になった地下鉄(通称Tube,ですね)のこと。
[PR]
by madameorange | 2006-07-02 10:35 | 東京以外もアレコレ
関西再発見その②:ちょっとまけといて~!?
さて、今回の関西短期滞在(2日半)では、以前働いていた会社の
新人研修以来9年ぶりに会った大阪採用の同期に驚かされたわ~。

9年分の話をしまくった帰り、電車で帰るかタクシーで帰るかと
いうとこで、食事をした場所が割と遠くて
私はいまいちタクシー代の目安がわかんなかったの。

そしたらね、その友達、停まっているタクシーの運転手さんに
「おっちゃん、○○までいくねんけど、いくらで行ってもらえる?」
ときくのね。
ま、それはいいわ。
そうすると運転手さんが「深夜だし10,000円位、かなぁ?」
ときたの。
「わー、そんな遠かったんだー!高い!やーめたー」
って、駅に向かおうとしたら友人、
「それがいくらになる?」

へ!?

耳を疑ったんだけど、何か突然交渉が始まった模様。
って、どっかの外国の市場じゃないんだからさー!
フツーにメーターついてるしー!(笑)

どうやら「遠くまで行くんだからまけてくれ」とお願いしてるんだけど、
これって、普通なの?
結局もう少しのところでどうしても先方と折り合いがつかず、
交渉決裂(?)に終わったんだけど、友人曰く
「大阪では遠距離ならタクシーと交渉するのは当たり前」なんだって!
そーなのーーー!?
・・・なんか、文化の違いを感じた瞬間だったわ。
(と、言いつつ、しまいには私も「運転手さん1,000円や2,000円位
譲ってよねー」なんて心の中で思っていたのが怖かったけど…笑)

ま、一口に関西といっても広いから、
(彼の地元の)「大阪では当たり前」、或いは
「大阪の商社マンの中では当たり前」という
狭い世界のお話なのかもしれないけれど。(ちなみに
今回のネゴは芦屋の方。文化違うのでは!?笑)
なかなかいいもの見せてもらっちゃったわ~

そういえば私この前、家電量販店でも
関西では値段交渉してくる人が多いから元々の
価格を少し高めに設定してあるって噂を聞いたわよ。
(ほんとかなー?いや、私の友達なら絶対やるだろうなー。)

さすが、商人の街。
きっと値引き交渉が日常に存在しているのね。

いやいや、かないまへんな~(似非関西弁!?)
[PR]
by madameorange | 2005-09-27 00:26 | 東京以外もアレコレ
関西再発見その①:見知らぬおっちゃん、ありがとう!
先日(また)神戸に行ったときのちょっといい話~

電車に乗ろうと思って、切符を買っていたら、
突然横からぬっと手が出てきて、「これ使い」
と、見知らぬおっちゃんにカードを手渡されたの。
???
と思っていると、
「”とりけし”押したらお金戻ってくるから」と、
ご親切な一言を残して、既に歩き始め遠ざかる彼。
状況が飲み込めないけれど、屈託のない笑顔はどう見ても
悪い人ではなさそうだし、言われるままに”とりけし”を
押して、改札にカードを入れてみると、普通に入れたわ。

よく見るとそのカードは、「一日乗車券」。
どうやら本日朝7時半くらいにそこの駅で使い始めた
みたいなんだけど、それ以降どこからどこまで乗ったとかは
パスネットみたいに記録はされないみたい。
イマイチわからないまま、電車に座り、
ぼーっと考えていたんだけど、彼はきっと
「今日はもう使わないから勿体無いなー」と思って、
私にこれをくれたのね~。
もっとちゃんとお礼言えばよかったわー!!!
まさに、「せめて、お名前だけでも」って気分。
嗚呼、おっちゃんの笑顔を思い出すごとに募る悔しさ・・・

東京にいるとどうもキャッチセールス以外で
知らない人から話しかけられることって少ないし、
私は道を尋ねる振りをした露出狂(もーサイテー!)に
遭遇した経験まであるから(ひどいのよー!もう!!)
基本的にとても警戒してしまうかも。
とても怪訝な顔してしまっていたのではないかしら?(涙)
あー、反省。
「どこを切っても関西人」の友達にその話したら
「当たり前やー。な、関西はええやろ、人情があるやろぉ」
と自慢(?)されたけど、確かにそんな気がするね。

と、いうことで、
[PR]
by madameorange | 2005-09-26 18:30 | 東京以外もアレコレ
NYで泊まった&泊まりたいホテル
マンハッタンには個性的で泊まってみたいホテルが
山ほどあるのだけれど、と、同時に
大概"狭い"というのもお約束。
今回は3人というイレギュラーな人数だったため
(&母が一緒だったからあんまりとんがった
ホテルは疲れるでしょうしね)、
ホテルはまず"広い部屋探し"から始めなければならなかったの。
それで決めたのが、Rihga Royal New York

ここは全室スイートで、ベッドルームとリビングエリアが
ちゃんと分かれているの。
3人以上の場合はこのリビングにある
ソファベッドを使えるというわけ。
一番狭い部屋でもマンハッタンでは珍しく、
50平米位はあるんじゃないかしら?
44丁目、6番街と7番街の間というミッドタウンに位置し、
お値段もWEBでとると結構普通のホテルと同じ位で、
目立たないけどニーズは満たした渋い存在よ。
(こちらは部屋からの景色↓セントラルパークがちら見できたわ。笑)

c0037299_22594640.jpgこちらは最近までJWマリオットとついていたのだけれど、6月に独立した模様。
ハード面は変わっていないみたいで(リノベート中)洗面所とかエアコンなどがいささか古い感じはするものの、清潔で、何よりマンハッタンでこの広さは貴重!
昔は日本のリーガロイヤルの経営だったのだけど、今は資本・運営関係はよくわからないわ。でも、夕方には日経新聞が届いたり、ケーブルTVで日本語放送が見れたり、日本人フレンドリーな感じ。
部屋に懐かしのWカセットデッキ(!)付ミニコンポがついていて(古いのでしょうね)、CDも置いてあるし、バスアメニティは大好きなAVEDAだし、
シャワーブースもバスタブと別だし、満足度高かったわ。

フロントが小さくて、チェックインの時間は相当
混んでいて大変なことになっていた(&リクエストしていた
部屋と違うところに間違えてチェックインされた)けれど、
ミスへの対応もよかったし、チェックアウトも部屋から出来て
楽だし、問題な~し。
大型ホテルの安心と、小型ホテルの親近感がいい具合に
ブレンドされた感じとでも言いましょうか?
(ちなみにミュージカル観るのに前半2泊だけした
Westin Times Squareでは繋がってもいない電話代が
加算されていたり《特にアメリカでは請求書は
細かくチェックすべし!》、その他も大抵の
トラブルではうろたえない(慣れてるし~)私にすら
数々の不満が結構あったから、もう泊まりたくないって感じなのよ。ぷんぷん!)

しかぁーし、本当だったら泊まりたかったのは、
大好きな図書館の近くにある(から毎日でも行ける)、
各部屋ごとのテーマにあわせた本が置いてあるというユニークな
Library Hotelか、
ギャラリーめぐりに便利な、数々の長期滞在者に愛された
個性派ホテル(元々はアパート)The Hotel Chelsea
Blue Barのレザーシートに座り、ここのホテルを
溜まり場にしていた文化人に思いを馳せながら
マンハッタン(カクテルの)辺りを飲んでみたい(意味不明)
Algonquin、etc.etc...
あ、予算に制限がなければもっともっと色々あるけど
・・・こんなところで、まぁいいですわ。(ホント我ながら謙虚現実的な性格、よねぇ・・・)
[PR]
by madameorange | 2005-07-13 22:00 | 東京以外もアレコレ