ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
カテゴリ:東京外食アレコレ( 82 )
Harrods Brompton@六本木ヒルズ
今日は以前から"行きたい!"と思っていたHarrods Bromptonにて
念願のブランチ♪
お昼過ぎの週末のヒルズはビックリする位人が少なかったわ。

お店は一言で言うと「東京にいながらにして海外旅行気分が味わえる」かしら?
天井が高くて、ゆったりしてて、気取らないのにおしゃれな
雰囲気が何とも言えず贅沢☆
インテリアもイギリス(ローラアシュレイ?)風の花柄ソファから
重厚感溢れる革張りソファ、素敵な革張りのスツールなどなど、
凝っていて徹底的にかっこよかったわ。
c0037299_23321465.jpg11:00~15:00のメニューはBrunchで、フレッシュジュース、
トースト&コーヒーOR紅茶がついてくるワンプレートディッシュが
豊富に揃うのよ。ホテルの朝食みたいでとってもnice
薄いトーストとかサイドに添えられた野菜などがそこはかとなくロンドン気分を盛り上げてくれちゃうのもいいわ~
一緒に行ったAちゃんと「これからブランチの会を催さない?」
と盛り上がる位非日常空気を味わえてご機嫌よ。

夜ラウンジとして使ったらまた違った雰囲気で良さそう♪
さすが山本宇一さんプロデュースという感じの
友達に紹介したくなるお薦めの一軒☆

1700円のアフタヌーンティーセットもとっても気になるから、
次回は夕方に行って試してみようっ

夏バテでちょっとお疲れ気味な今日この頃にいい感じの
爽やかなブランチタイムが過ごせました☆
[PR]
by madameorange | 2005-08-20 13:00 | 東京外食アレコレ
いちのや@西麻布
今日は夏バテ&ロックフェスにて熱中症(大丈夫なのか!?)気味の
友達と連れ立って、元気回復のために前から気になっていた
いちのや・西麻布店へGo!
西麻布の交差点から外苑西通りを広尾方向へ歩いた
一つ目の角手前右側。階段を3段ほど上がる古民家風の
佇まいのお店よ。

二階のお座敷に通されると、外の喧騒が嘘のように静か。
外は大雨だったらしいけれど(「前が見えなかったよ」Byタクシーの運転手さん)、
お喋り&食事に興じている間に止んでいて
被害は受けずに済んだわ。フフフ
あ、雷は聞こえたけどね、さすがに。
(身長145cm(しかもさば読みの噂)のMちゃんが
最も自分に落ちることを恐れていたのが
笑えたというか呆れたというか…っていうかー、
「背が高い人に落ちやすい」って自分で言ってたじゃーん!!笑)


予約時から言われたけれど、鰻は注文してから
さばくため50分くらい時間がかかるとのことで
色々つまみながら白焼き&うな重&うぞうすいを待つことに☆
→夏バテ解消を言い訳に遠慮なく頼みまくった私達。おほほー

まぁ散々食べたけれど、特に「鱧の洗い」が今日はない
と言われて泣きそうになりつつ
(だって美味しそうな写真を見てしまっていたから…!)
代替案としてオーダーした「うなぎの湯引き」が、かなーりかなーり
Greatだったわ!さっぱりしているのに脂が乗っている
不思議感覚で、サイズが小ぶりだから(全て"二人"を想定している
ように思えたのは私だけ?)もう倍位食べたかった~

そんなに待たずに、且つ時間差を微妙に調整しつつ
やってきた(というかその前に頼みすぎ?喋りすぎ?)
鰻3品はそれぞれふんわり感がたまらず、
モモさんのおっしゃる通り、大好きな野田岩と張り合う
お上品で好みのタイプ☆
うぞうすいは、出汁→自家製ぽん酢→溶き卵と、ひつまぶしも
びっくりの3種のお味を楽しめて、〆にふさわしい一品だったわ。

野田岩と値段も同じ位だし、東麻布まで行かずとも
鰻モードのときはここでいいかもっ!
(でも、野田岩のあのベテランおば様達の接客も
たまにミョーに行きたくなるけどねー…)

さ、本日の鰻パワーで残りの夏を乗りきろ~、おぉ~!
(って、気合入れないとやってられないねー、しかし・・・)

いちのや(西麻布店)
港区西麻布4-1-6
03-5766-1536
無休

[PR]
by madameorange | 2005-08-15 19:30 | 東京外食アレコレ
完全やられたわ~:麻布茶房のクリームスイートポテトーーー
毎日暑い日が続くわね~。
それなのに私、ここんとこまた太ってきてしまったため、
本日、青山から広尾の図書館まで行くのに、
何を血迷ったのか「歩く」という選択肢を採ってしまったわ。
えぇ、外苑西通りをまーっすぐ行くだけよ。
でも、この暑さ、尋常じゃないんです。
帰りはバテバテで「お茶をしてタクシーで帰ろう」(全くもって元も子もない!)
と広尾駅近辺で何の気ナシに入った麻布茶房
(本店よん。外苑西通りを駅から西麻布方向に少し上って右手の
パルテノペとか箱根暁庵などなど飲食店ばかり入ったビルの二階。)
クリームスイートポテトに完全ノックダウンされちゃった☆

こんな美味しい物を今まで知らなかったなんて~!
ああ、勿体無い。
これから機会ある毎に食べなければいけないわね。
(・・・。いけない!最近発言が"でぶや"的な気がしてきたわ。
気をつけないと本当に取り返しのつかないことになりそうな予感…
食いしん坊は例外ナシに太っているし…いやーーーっっ!!)

c0037299_21134196.jpg
これよ、これこれ。
温かいスイートポテト(夏に食べるとは思いもよらない感じがまた惹かれちゃった☆)
に大きな、そして美味しいソフトクリームが乗っていて、
その横に自家製のあんこがたっぷり添えてあるの。
このソフトクリームを一口食べた瞬間、
その濃厚さに、メニューの選択に間違いがなかったことを確信したわ。

WEBで拝見したところ、こちらのお店の代表メニューらしいわ。
でも、他の店舗のメニューの写真を見るともっと小さくて安いのよ。
そういえばメニューに「こちらの店舗は今後の商品開発に
役立てるために色々実験的な役割も果たしている」
から「どんどんご意見を下さい」みたいなことが書いてあったから
やや違うのかもね?

本当は普通にチーズケーキとコーヒーでも…なんて
思っていたのだけれど、「和」好きの彼の言うこときいてよかったわ。
私達が入ったときは誰もいなかった店内は5分で満席に
なっちゃって、結構びっくりだったのだけど、人気店なのね?!
ただ、夜は8:30がL.O.ととっても早いのが非常に残念。
食べて飲んだ後にこそあのソフトが食べたいのに~
(またもや発言がデブ危険水域!)

ところで隣のテーブルでは5-60代のおばさま3人組が、
稲庭うどんなどを食しつつ、わいわいとお喋り。
(しかも話題は「こないだ食べた美味しい物」について)
まるでタイムマシンに乗って私の2-30年後を見てしまったようでした…
(彼、否定せず)

と、いうわけで、体型&生活態度を省みたワタクシ、
その後もぶんぶん通るタクシーを横目に見つつ、
汗をかきかき外苑西通りを北上しましたわっ!
食べたら運動。がんばるわ~っっっ
[PR]
by madameorange | 2005-08-07 18:00 | 東京外食アレコレ
ahill@西麻布
毎月恒例の「グルメの会」(勝手に命名)。
今月はahill(アヒル。店のロゴもアヒルのくちばし?)という
フレンチ鉄板焼のお店で暑気払いよ!
日赤病院から日赤通りの商店街に入ってすぐ右側の、
サンクス手前のビルの1階。
(ベージュの壁にアヒルのくちばしのマークがあるだけで、
店名は掲げていないのでちょっぴり注意が必要ね。)

鉄板を囲んでぐるっとカウンター席(おじさま&若い女性
というお客様もきっと毎晩いらっしゃることでしょう
←私の勝手な鉄板焼のイメージ)
&数個のボックス席がある小さなレストラン。
私達は入り口からカウンターと反対方向に位置する
一番端っこボックス席。
周囲を気にせず盛り上がれてよかったわ☆
(店内にどの程度悪影響を及ぼしたかは神のみぞ知る…)

この日は「鰻の代りに鉄板焼で肉食べて英気を養おうね!」
(土用の丑の日だったの)と意気込んでいた我々4人。
しかし蓋を開けたら、普段「鉄板焼」でイメージするような
「もう助けてー、肉はみたくないわ~」
というようながっつり系ではなかったわ。
あくまできっちりフレンチ。見かけも美しいので
女性向けの鉄板焼という感じかしらん?
(・・・ということで、私達にはぴったりだったわね♪オホホ♪
あ、店内には"おやじーず"も普通にいらしたわ。←結局あまり変わらない私達デスワ。)

私達が頼んだのは、アラカルトメニューから
前菜・メイン・デザートを選べる&ドライカレー(は、デフォルト)
で4095円のコース。
お腹が空いていた・・・あ、すみません、というよりは
単に大食いなので、私とJちゃんは
スープ(ハーフサイズがあるのでね)、
Aちゃんはチーズをプラス、というように、
フレキシブルにアラカルトメニューも加えられたのは
嬉しいわね☆

私がひっじょーに気に入ったのは、ここのサービスの気持ちよさ。
当たり前だけど、暑い日に席についたら
忙しくてもすぐに冷た~いおしぼりをくれるのは嬉しいし、
離れた席なのに着かず離れずで
テーブルを気遣っているのが、そのタイミングの
良さからよくよくわかるし、質問には丁寧に
応えてくださるし、コミュニケーションもこちらの
話を中断しない程度に自然にとってくるし、
「どんな相手と行っても、こちらの状況を汲んでくれそう」
プロフェッショナルなサービスよ。

普段いい物食べ過ぎの役員秘書Aちゃんなどは
「特別美味しいわけでもなくてゴメンネ」(今日は彼女が幹事)
なぁーんて言っていたけれど、そんなことないない!
最近、あれね、のけぞる位美味しい物以外は
"当たり前"に享受してしまうところ
、確かに私もあるけれど、
いけないわね。皆が皆そんなに驚異的な料理を出すわけがないのにね。
何事も慣れてしまうと感覚が鈍るというところかしら?
(そして、体型はデブる…涙)

あまりのサービスのレベルの高さに見落としがちだけれど
(本当に申し訳ない感想)、肝心のお料理も、デザートまで
本格的で、全く不満のない内容で、そう、誤解を恐れずに言うと、
「普通に美味しい」レストランだったのよね?
(Aちゃん、わかるわー、言いたいこと!)
>>しかし!もうこの歳になってくると、この「普通」のレベルが高いって
言ったらご理解頂けるかしらん?(あー、難しいわ~。)

そして、それに比類なきサービスが加わり、
結果ahillは「とてもいいレストラン」に分類されるってわけでして。

偉そうだけれど、レストランの印象は味もさることながら、
サービスによるところが非常に大きいじゃない?
どんなに美味しくても、サービスがいまいちだと、
ちっとも印象に残らないし多分二度と行かないってことも
あるし・・・そういうこと!!

---あー、語りだすととまんなそうなので話題変えるわっ---

ところで、私達が思わずメモった(笑)のは、この日飲んだ赤ワイン。
(本当に)適当にあーだこーだとリクエストしたら
リスト(ところで3,000円代から6桁《!!!》のものまで
バラエティに富んでいます!)にはない秘蔵っ子(By店員さん)
として出てきたのが
Marcel LapierreのMorgon(2004年)>6,000円位だったと思うわ。
日本語で詳しい説明しているHP
すこーし冷やしてサーブするのがよろしいそうで、うん、仰る通り!
まさにリクエスト(確か、ミディアムボディで、フルーティーで
タンニン強くなくって、みたいな感じだったかな?)通りで
大大満足よぉ~!
最近流行の有機ワインってやつらしいけれど、ここは
昔から作られているそうです。本格派なのね~。
健康志向でもないのでノーチェックだった有機栽培ワイン。
ちょっとはまってしまいそう・・・☆

さて、次回グルメの会、私担当なのよね。
どこにしましょう!?困ったわー…
[PR]
by madameorange | 2005-08-05 19:39 | 東京外食アレコレ
聘珍樓で天井も海抜も高いランチ
今日は赤坂に勤めるAさんとランチ。
狭い部屋に引っ越したせいか無性に「天井の高い所」へ行きたくなって、
山王パークタワーへ。
一階のエレベーターホールの時点で
「天井が高い所」の要件を満たしていて大変素晴らしいわ…(笑)
裸眼で行ってしまったため(0.3なのに・・・なめてるわよね、ゴメンネ、Aさん)
待ち合わせにやや手間取った後、Aさんと会えた5秒後…
オイルマッサージをした直後の私の肩を
ぽんっと叩く不幸な人が…
それはAさんと私の共通の知人のJさん!
Jさぁーん、汗ばんでいたわけじゃないのよぉー!
気持ち悪いよねー、ゴメンナサイ!
・・・っていうか、どうしよう、誤解されてたら…ぎゃーん


実はJさん、前回私がここに友達に会いに来たときにも
同様にロビーでばったり会ったのよー(滅多に来ないのに)。
軽いデジャブー。
更には昨夜神宮外苑の花火を見に行ったときに
同じくご近所のJさんに「花火見てますか?」
と浮かれたメールをしたら「仕事してます」という
非常に気まずいやりとりがあったばかりだったものだから(あはは~)
より一層びっくりしちゃった。
しかししかし、まさかあんなにランチタイムの人で溢れる
エレベーターホールでたまたま同じ時間に歩いているなんて…
彼は仕事の関係でこのビルに入りびたりとは聞いていたけど、
まさに常時いるみたいで、ホント、ご愁傷様ですわ。

さて、ランチはAさん曰く
「orangeちゃんとランチするとなぜか中華気分なのよね
(=がっつり食べられる貴重な女友達)」
とのことで、春秋と迷った末に聘珍樓へ。
何を隠そう、(ここのは初めて来たけれど)私、聘珍樓大好きなのよーん♪(嬉)

季節限定の「焼き物とお野菜たっぷりの涼麺」2,000円也に
魅かれたのだけれど、スープも何も付いてこないみたいなので、
一応店員さんに
「これ一つでランチって足りるものでしょうか?」
と確認すると
「男性でもこれ一つの方いらっしゃいますよ」とのこと。
男性並に食べる我々も一安心。
グリーンの麺に焼豚もたっぷりで、たれもゴマが効いてて良いわ良いわ。
たまにこう、高い所で食事って、気分もいいわねー。

で、帰りは、最近またもや激しく増加中の体重(前回の
ダイエットは志半ばにして旅行に出てしまい、あえなく頓挫)
を気にして必死で歩いていると、前からまたもや
見たことある人が…

それは、ただでさえ目立つのに更に
激しく真っ赤っかなポロシャツを着こなし、
ケータイで話しつつもあの特徴ある大きな目を
周囲にきょろきょろ動かしながらやってくる
ラモス瑠偉さん・・・だったわ。

全然知り合いじゃない!ただ単に目立っただけだって~。

でも有名人って、こっちはやたら見慣れているから
つい声かけそうになっちゃうよね?!あー、危なかった!(笑)
[PR]
by madameorange | 2005-08-02 12:00 | 東京外食アレコレ
Ryo-ri genten@銀座
今日はMちゃんが一日遅れで誕生日会を
してくれるため、以前から行きたいなー♪と思っていた
銀座のRyo-ri gentenを予約してくれてたの~!
やはり帰国直後は和食がいいでしょうというお心遣いも
含め、なんてなんて素晴らしいお友達なのかしら…(涙)
ありがとうっっ!!!

松屋とUFJの間の角を曲がり、UFJ側の一つ目の角の
ビルの二階。一階は革の香りが立ち込める(!?)
バッグなどの同名のお店があったわ。
(遅刻してしまった私は滑らないように気をつけつつ
ダッシュしたので見ている暇はなかったけれど…)
地下鉄の入り口(松屋の脇の)も目の前で、
雨でもほとんど濡れないのはありがたいわね。

OPEN当初は予約が全然取れず、なんだかんだで
結局半年以上も経っての来店となったのだけれど、
ガラス張りで開放感のある店内は
あらら?意外と空いてたわ。(私達含め3組・・・かな?)

「常夏の献立」と題されたメニューがテーブルに置かれてあり、
自分は常夏生まれであることを再認識。
9品+デザート・ドリンクという構成の献立は季節感溢れまくり。
フロアの方が一品ずつ丁寧に説明してくださいます☆

初っ端の「トマトのヌーベ」(ヌーベはスペイン語で雲という意味だそう)
は、全てトマトを使ったというゼリーやムースなどが涼しげ。
トマトのヌーベ(ムースみたいな泡立てて固めたみたいなもの)
は真っ白で意外。トマトの色素が抜けたのかしら?

c0037299_1201410.jpg
その後も出てくるお皿出てくるお皿、美しい盛り付けと、レストランでこそ食べられる手の込んだお料理にひたすらずーっと感激。
「枝豆の七変化」は本当に七種類の調理法で色んな食感の枝豆を楽しめ、日本人って、器用~っ!!準備の時間と食する時間のこの大差がすごいよねー。儚いわぁ…


c0037299_1241240.jpg
こちらはMちゃんがそっとお店の方に伝えて下さっていたらしく、密かに「茄子」と大きく書いてるメニューを見て覚悟を決めていた私には(はい、茄子が苦手でして。もう良い大人なのに…恥)代わりにトウモロコシ(こっちは大好きよ!)にして下さった夏野菜。ソースも茄子を使っていたそうで、私のは別に出汁を使用したものにして下さったそうで…重ね重ねスミマセン~
こちらのシェフ(高橋一行さん)の得意分野(?)と見られるのが
色んな食材で作られるこのムースみたいなもの。
この日もトマトから始まり、こちらはミョウガ、オクラ、カボチャ。その他にも随所で顔を出し、それぞれ個性的な風味。どう考えても手が込んでそう…真似は一生できない、な。

食器がジノリだからというのもあるけれど、
本当にこざっぱりと、そしてビューティフォーにまとまった
エル・ブジに影響されているとかいないとか?)自然の恵みを一杯頂けるお店。
店内もお食事もお上品&お値段も決して安くないから、
今日のような"特別dinner"にこそいい気がするな。
=決して、普段使いできる店ではない、ということ…とほほ

それにしてもMちゃん、かわいいお花まで用意してくれて、
本当に心憎い演出!
こんな年になってもわざわざお祝いしてくれる友人がいることを
本当に嬉しく思うわ・・・ありがとう!
そして(高いのに!)ごちそうさまでしたーーーーー♪
〈11月にはがっちりお返しいたしますのでぇ~〉
[PR]
by madameorange | 2005-07-25 18:30 | 東京外食アレコレ
アロマフレスカにてお誕生日オメデトウ!
NY旅行から戻りましたぁー。
今回は通訳として家族に半分拉致されるような形での
旅行だったのだけれど(あ、勿論感謝しております、ホント)、
久々東海岸は思いのほか遠く、割とおつかれ~。

実は帰国した日が今回お留守番だったマイハズバンドのお誕生日。
旅行が決まる前に既に予約していた
アロマフレスカは、予約を取るのが一苦労なので
どうしてもどうしてもキャンセルしたくなく、
機内でも食べる量と睡眠を調整し挑んだわ!

家に戻り、出るまでの時間は1時間。
1ヶ月以上前に予約してとっても心待ちにしていたのは
彼よりも私だったりするのだけれど、
ダッシュでシャワーして着替えて桜田通りの
二の橋すぐそばのお店にタクシーで駆けつけた時には
さすがに既にへとへと。(南北線の十番の駅からも
歩いてすぐね!)

しかししかし、テーブルに案内される時から既に
世界でもトップレベルの東京のこれまたトップレベルの
レストランの期待渦巻く空気に自然と背筋が伸び、
3種類のスプマンテの中からどれを飲むか
選ぶ頃には、落ち着いたサービスとインテリアの
優しい色合いとメチャクチャ快適な椅子の座り心地も
手伝いすっかり回復!
(この椅子マジで欲しい!)

メニューは9500円で二種類の中から選ぶことになっていて、
私達はMenu Aroma-Frescaという方をチョイス。
メニューの詳細まで記憶していないのが辛いのだけれど、
こちらのさわさまが大変詳しく書かれていたものと
大体は同じで、記憶が蘇り助かりました!

東京のレストランが恋しくなっていた私には
十分すぎるほど満足いく一皿ごとに繊細なお味と
痒いところに手が届く素晴らしいサービスで(日本のレストラン最高っ!)、
もう言うことナシのお誕生日dinner!
って、私のじゃないわね。←忘れがち

お料理が素晴らしいのは散々皆様もお褒めの通りですが、
中庭のテラスには色とりどりのお花が咲き乱れ、
テーブル間もゆったりしているし、空間的にも素敵、
&食器類もいいわ~。

c0037299_2193775.jpg
実は当日まで誕生日って言っていなかったのだけれど
(荷物が多いから席に着くときに言ったのみ)
彼のデザート(マンゴープリン。ちなみにデザートは5種類あって、「お好きなだけ」頂けますの。一日ずれたらもうちょっと食べれたんだけど…くやしいーー)にはちゃんとチョコのプレートもつけて下さり、嬉しかったわ☆

そして最後にサプライズが・・・
[PR]
by madameorange | 2005-07-13 19:30 | 東京外食アレコレ
epices kaneko@西麻布
かねてより行きたいよーと思っていた、移転したエピスへ行くチャンス到来♪

体重は戻ってはいないのだけど(あと1.5kgがなかなか動かないっ!)
のっぴきならない理由があったのでいいのよ♪
そう、今日は小学校入学以来の友人Tちゃんの誕生日☆
<<<おめでとーーーう!!>>>
彼女は現在海を越えたチョー遠距離恋愛中で、
お誕生日ディナーは彼とできないので、
私がご一緒いたしま~す!

私:「何か食べたいものあるー?」
Tちゃん:「そうねー、フォアグラとか。」


と、いうことで、フレンチに決定。

じゃ、エピス行こう!
[PR]
by madameorange | 2005-06-29 21:00 | 東京外食アレコレ
LOUIS(ルーズ)@代々木上原
c0037299_2356251.jpg
代々木上原にある、友達の顔馴染みのお店Louisにて久々のお喋り会開催。
内、一人に彼氏が出来たオメデタ話から、
髭の種類、虫の効率的な殺し方まで、話題は尽きず、あっという間の3時間。

友人によると、こちらは三宿Soap「2号店というか、姉妹店」
(OK!とにかく関係あるってことで…笑)
両店ともペット可ですって。週末のお昼に来たら
かわいいわんちゃんにも遭遇できるかしらー?

場所は代々木上原駅の北口を出て、
北側の線路と並行している通りを真っ直ぐ進んだ右側の、
白に赤の効いたインテリアがかわいい、
ガラスの中に階段が見える&Tシャツが並ぶ建物。
(薬のセイジョーまで行くと、行きすぎで~す)
ぱっと見ちょっぴり神宮前のLOTUS風かも。

おされインテリアに、壁の本棚に置かれた各種雑誌(Casa Brutus, relax,
それから各種海外誌、ナドナド)、シンプル+一工夫あるメニュー、
等を見ると、何だか久々に「カフェ」と呼ばれる類の店に来た気がするわぁー。
真っ白のブース型ソファ席で心行くまでお喋りしてると、
「カフェブーム」などといわれた頃を思い出しちゃう☆
(遠い目)

店員さんは友達の紹介通り「皆イケメン」(笑)で、
感じもよく、お料理も(特にトルティーヤのPizzaジェノベーゼ
very good!)オリジナルでどれも美味しかったわぁ♪
お腹一杯食べて普通に食後のドリンクまで飲んで、
一人2,500円弱という、異様な安さも魅力。
(もしかしてサービスしてくださったのかしら?)

代々木上原は沢山小さくて良いお店があるようだけど
全然開拓できていない私。
でも、こちらあまりに居心地いいから、また上原来たら
ここに来ちゃいそう~。どうしましょう!?
あ!二軒目にここに来ればいいのね、そうそう。
(実際遅くなってからの方が混んできてたわ。)

偶然にも今夜のメンバーは今週末から次々に
海外旅行(LA・ナポリ・NY)に飛び立つこと判明。
summer vacationのシーズン到来ねっ!!
次回はお土産話に花を咲かせることを約束して、
久々東京カフェナイトはお開き。
Tちゃん、良い店ご紹介、ありがとうねー

*Tちゃん情報によると、こちらのお店、既に閉店してしまったそうです・・・
なーんだ残念!

[PR]
by madameorange | 2005-06-28 23:55 | 東京外食アレコレ
ピッツェリア サバティーニ青山@外苑前
4月に大リニューアルOPENしたローマの名店(行ったことないけれどっ)Sabatini青山店。
考えたら東京って「世界の名店」の味を食べられるのがいいわね♪
(一生本店に行かなかったら違いもわからないままで、
ある意味幸せだしね!?笑)

今夜は美味しいPizzaなどを頬張りたいのでPizzeriaの方へGO!
Ristoranteはやっぱり特別な日にとっておかねばネ。
(って言っているといつまでも行けない気もするけど…悲)

日曜の夜って割とどこも空いてたりするのではと
勝手に思ってウォークインで行ってしまったところ、
店内ほぼ満席で、空いているテーブルも予約が入っているとのこと。
がーん
3人で入り口近くの2人用テーブルに1つ
席を足すということで、一瞬「やめようかな?」と思ったけれど、
いや、ここでやめなくてよかったわ。
c0037299_11473489.jpg


なぜならこちら、居心地よし・味よし・サービスよしの稀有な一軒とお見受けしたから。
[PR]
by madameorange | 2005-06-12 20:30 | 東京外食アレコレ