ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
ブタに連敗中です・・・
「とんかつなら迷わず(ヒレではなく)ロース」
「焼き鳥食べに行ったら皮とぼんじりは必須」
「フォアグラ、食べられない日は365日中1日もありません」

と、脂っこい物・高カロリー食をなぜかこよなく愛し、
強靭な胃袋にだけは自信のあったワタクシですが、
最近、ちょっとがっかりな出来事がございまして・・・ちょっと凹んでるの。

2軒立て続けに食べた(大好きな)豚料理を、「残す」という醜態をさらしてしまいましたのよ。
(勿論同じ日ではございません)
おっかしいなー・・・
(体重は減らないのに!?)

いずれにせよ、






豚組@西麻布:
こちらは西麻布交差点から根津美術館へ抜ける道の、車が通る方の
道を少し入った左側にある、昔お豆腐料理屋さんだった一軒家が
いつの間にかとんかつ屋さんになっているお店。
何と言ってもお目当ては1日限定10食の「イベリコ豚ロース」(4,800円!)。
2人で行ったので「もう一つ」と、「豚組膳」なる、5種類の”ブランド豚”を「利き豚」できる面白そうなメニューをチョイス。
c0037299_044478.jpg岩手の白金豚(これってさ、ハッキントンって読むんでしょ?どこかの店で振り仮名ふってあって、へぇ~っと思って以来シロガネブタとは読んでいないわ)、沖縄のあぐー豚などなど、ブランドを冠した豚さん達を食べ比べするのね。


c0037299_054187.jpg
テーブルの上には手書きのとんかつの食べ方とかが置いてあって、とんかつテーマパーク的なところが楽しいね。アーンド、とんかつ屋さんだけにキャベツの千切り、ご飯、お味噌汁はお代わり自由。

で、気合満々にオーダーしたのはいいんだけど、私、イベリコ豚なめてました!
So Juicy!
もんのすごい脂で、最初はおいしいおいしいと言っていたのが、
段々「肉以外のものを下さい」と、キャベツの量が多くなり(ちなみにお代わりまでしたわ)、
キャベジン効果も虚しく、どんどんスローダウン。
最後は渾身の力で箸を持ち上げるも、どうしてもその一口が・・・と
豚に完敗。
完全に戦後生まれなのにご飯を残すことが大の苦手な私でも
どうしても食べられませんでした・・・
同行のTちゃん、貴女はなぜそんなにスリムなのにけろっとしているの?

謎を残したまま数日後に今度はフランスはバスク地方のビストロ的豚料理を
提供する
ローブリュー@南青山へGo!:
こちらは骨董通りをぐんぐん歩き、Papa's Cafeを通り過ぎて一つ目の
角を右折、すぐの左側の行き止まりの道を入っていった突き当たり
右手にひっそりとドアがあるという、初めてだとちょっと迷いがちなロケーション。

何度もウォークインでふられていた小さくていつも満員のこちらは
この日も大分前に℡予約。
「前日にリコンファームの電話をしてください」と、なぜか言われ、
ナンナンダ!?と、謎だったのですが、まぁとにかく行ってきたわ。
c0037299_0215142.jpg大人数だったので色々シェア、と思ったけれど、お店のポリシーとしてあくまでフランス風(?)に、一人一つずつ前菜とメインをとることをお薦めするとのこと。
でもやっぱり同じ物食べたい人もいるし~、ちょっとずつ色んなの食べたいし~と、わがままをいい、店の人に相談すると(最初怖そうだったけれど、そんなことなくふつーに対応してくださり)、前菜は一つずつ、メインはグリル&選べる付け合せ+キャベツの酢漬け(フランス語でなんていうか忘れました)で決定☆
(お店も客も主張が強い場合ってこのように折衝するのね、と、勉強になりました!?)
で、ですよ。
私が前菜に頂いた豚さんの喉肉と皮のパテ、すっごいおいしく、今出されても食べたい位なの。
で、肝心のメインのお肉がどーんとやってきたですよ。(↑こんなサイズ)
皆食べたですよ。
ところがですよ・・・私だけ、多分喋りすぎて(また)スローダウンしたのが敗因と
思われますが、とにかく私だけ、残しちゃったの~!食べれなかったの~!(涙)

「わたくし、ちょっと少食なもので~」
ってキャラでもないし、実績もないので本当に意味がわっかんないのだけれど、
とにかく”豚は好きなのに、実はあまり食べられないのかもしれない”という
今更突きつけられた事実。2連敗はちょっとショックっす。
味的には大変好みだったのがまた残念だわ。
今度は豚以外のメニューでこちらにもリベンジしに参りたいと
心に誓いました。

LAUBURU(ローブリュー)
ADD:東京都港区南青山6-8-18
TEL:03-3498-1314
日休
18:00~22:00


とか言ってやや嬉しそうに「食べれなーい!」なんて言ってはいるものの、
ふっつーに皆様よりも「食べすぎ」に間違いないので、聞き流してね。
って、あ、聞き流してたよね? ありがとうございます・・・
[PR]
by madameorange | 2006-11-15 23:30 | 東京外食アレコレ
<< さすが!?のフランス人☆ Taste Paradise@... >>