ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
SK-IIのスパに行ってみました☆
Scotts Road沿いには一軒家風建物が実は何軒か並んでいるのだけれど、
The Song of Indiaのお隣には、SK-II Boutique Spaという、
我が国を代表する化粧品ブランドSKIIを使用した世界初のスパが
あるのです。なぜかシンガポールに…

ということで、東京から来ていた友達と「お手並み拝見」と予約を入れました!
(なぜか偉そう)




週末だったせいか、結構予約ぱんぱんに入っているそうで、
フェイシャルとボディーが60分以内で1セッションずつやっと
とれたという盛況ぶり。SK-II、やるわね。

最近SK-IIをフルラインで使い始めたリッチTちゃん(と、呼ばせてもらいます)
はフェイシャル(お肌のチェック後コースを決める)、
庶民な私は好きなマッサージが二つくっついたようで嬉しい
「タイアロママッサージ」というのを予約。

中に入るとまずレモングラスの香りが清々しいお茶と共に
チェックシートに記入。
黒い制服のきれいなお姉さん達がお相手してくれます。
皆SK-II使ってるのかなぁ~?
お手洗いもとってもいい香りがして、ホテルに入っているスパ並の
美しさなのに小ぢんまりしている雰囲気が、なかなかよいです。

お部屋は勿論全て個室で、セラピストは優しそうなおばちゃん。
タイ人と聞いて「マッサージはタイ人がベスト」という信念を持つ
私の胸が高まったことはいうまでもありません!うれしー!
前日午前様でへろんへろんに疲れていた私は、マッサージ開始後5分で就寝。ZZZ
お陰でタイマッサージというよりは多分マイルドに内容を変更したのでしょう。
アクロバティックな動きは一つもなく、
マーーーイルドで気持ちいーーーーいマッサージに疲れが吹っ飛びました。
Lily(という可愛い名前。百合さんってこと?)おばちゃま、コップンカー

体が軽くなり、気分よく友達を待つ間、暇なので思わず
お姉さまのお誘いに乗り、「スキンアナリシス」を受けることに。
一度やってみたかったあの胃カメラみたいなので(!?)
お肌を大アップにする恐怖の機械でお肌を診断してもらうあれ。
これ、皆様やったことあります?

まずは腕にカメラをあて、「通常の肌」がどんなものかを見る。
うん、たまに雑誌なんかで見る、細かな腺が一杯網の目状になった感じ。

で、顔、いきまーす。いきましたー。
!!!????!!?!?!?!?!(言葉にならない)

す・すごすぎ・・・
すごい破壊具合です!
水分を貯める機能が弱まるとかっていうよね?あれ、ほんと。
何かこう組織自体が崩壊しているというか、いやーーーっ!!
思い出しただけで目を覆いたくなる恐怖の砂漠肌がそこには
映し出されていたのでした。
人種の違う人が相手で(しかも言葉も通じなくて)本当によかった・・・(涙)
ついでに小鼻辺りは皮脂が溜まっていたり(色が違うんだよー!
オレンジとか緑とかなの!おぇ~。思い出しちゃった!!)、
自分の肌なのに目を覆いたくなるってこれいかに
数分間の恐怖体験(まじ)を終え、しかし慣れた感じで私の肌には
「あれとこれとこれとそれが必要で・・・」と説明するお姉さまに
私は心底尊敬の念を抱きました。動揺ゼロ。
あぁ、本当にすっごいすっごい怖くて、一体今後どのように
生きていけば良いのか途方に暮れる勢いでしたが、
現実を知ったことはとにかく、いいことよね。(落ち着け!わたし!)
最近自然派コスメに目覚めてしまってSK-II購入は
当面考えていないんだけれど、きちんとお手入れ、するわ。(決心)

あー、それにしても怖かった。
小ぢんまりとしていて、静かで罪のない外観のこのスパは、
こうやって私の中では一気に恐怖の館になったわけでした。

スキンケア頑張って、加齢と、砂漠肌と戦うわ!
もう一度来るぜ!SK-II Spa!
[PR]
by madameorange | 2006-11-02 12:00 | シンガポールアレコレ
<< Taste Paradise@... ハイソな気分でインドランチ@T... >>