ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
たまには「夫婦愛」など
今日は元職場の同期のWedding@フォーシーズンズホテル(椿山荘の方)。
友達の結婚式は11月以来、かつ、同期メンバーに会えるのも
久し振りで、お天気はあいにくだったものの、思わず早起きしてしまう位
楽しみにしてました~♪

ところで最近私の周りでは海外挙式かホテルでのWeddingが多いのですが、
これは世の中的なトレンド?それとも年齢の・・・せい?


何はともあれ、これまで軽く20回以上はWeddingに出席してきたけれど、
何度出てもやっぱり大好き、この雰囲気!
式で花嫁さんとお父様が入場してくる時は両方の思いを想像してしまうせいか、
何度参列してもじーんとくるよね~。
(今回は花嫁のJちゃんが大きい目に涙を一杯溜めていたのを
至近距離で見てしまい、こっちもかなりやばかったわ。)
毎回同じ歌を(「♪いぃ~つくしみふかぁ~き~♪」と)歌い、同じ聖書の箇所を
朗読され、とパターンは決まっているとはいえ、ついつい毎回
感動するのはあれ、なぜなのでしょうか?
やはり新郎新婦というのは、”純粋な気持ちオーラ”が立ち込めていて、
そういうのに圧倒される(っていうと変だけど、こう、やられてしまう?)のかな?
と分析するのだけどいかがかしら?
少し前まで赤の他人だった2人がこれから死ぬまで共に人生を
歩んでいくんだわー
と思うと、その決断の大きさと、その大きな決断を
した二人の愛の大きさに大感激してしまう、という感じなの。

今日の2人は式から披露宴までずーっとお喋り(?)したり
見つめあったりでほんっとうに幸せそうで、自分のWEDDINGの記憶が
そろそろ薄れ行く私としてはとても心が洗われる気がしました。
末永くお幸せに~♡







結婚式の神聖な&2人の初々しい門出の話の後にいきなり現実的で
申し訳ないけれど、そりゃあ夫婦生活、晴れる日もあれば雨の日もあるわよね?
できればあの時のPureな気持ちで一生過ごしたいけれど、
人生そんなに甘くない。2人で乗り越えていく試練というのもあるわけで。
でもって、それらを一緒に乗り越えて行けると思った人と
結婚すればいいわけ、だよね♪

と、いきなり冷静な気持ちに戻る(!?)私ですが、昨日ふとTVをつけたら
タイムリーに素晴らしい夫婦愛を全うしたお2人の話をやっていて、
先日のまさにスタートラインに立った2人と重ね合わせ、
しみじみ夫婦という関係・存在はたまた夫婦愛について考えてしまった次第。

それは、夫ががんの宣告をうけ(更にこの方、その後4度も手術を受けることに
なるのだけど)、その直後妻が若年性アルツハイマーに、と
夫婦同時発病となった陽信孝・八重子さんご夫妻のお話。

段々進行していく病気の妻を「かいがいしい」等という言葉などでは到底
表現できない、ほぼ信じられない位の深い愛情を持って
自宅で介護する夫信孝さんの姿は、あの結婚式の時の誓いを
そのまま体現していて、これぞ理想(病気になってしまったのは悲しいことだけれど)
の夫婦の姿、とちょっとショックに近い感動を受けます。
何から何までお世話の必要な八重子さんとの日々をあくまで
自然体で120%サポートし、溢れんばかりの愛情を注ぐご主人と、
記憶はなくなっていくけれど、今そこにいる夫に心からの笑顔を向ける奥様。
その大変だろうにとても幸せそうなお二人の映像は、
状況は全く違うにも関わらず、結婚式の日の幸せそうなカップルのそれと
重なるものがあり、言葉にすると安っぽいけれど、またまたその
愛の力みたいなものに圧倒されました。
詳しくは「八重子のハミング」というご主人が綴った本があるので、是非読んでみようと思うわ。
番組中でも紹介されていた夫信孝さんが綴る短歌にこめられた様々な気持ちは、
心にぐっときます。
彼のインタビューでの一言一言も優しくて、温かくて、
奥様との深い絆と信頼関係に涙が出ます。
(そして、小さなことで不平不満を言う自分が実に実に小さい人間と猛省させられるわ!)
奥様は2002年に亡くなられてしまいましたが、最後まで優しいご主人に
見守られ静かに息を引き取られたそうで、ある意味ものすごく幸せだよね。
(ちなみにご主人の方は今はがん細胞が消えているそう!)

アルツハイマーになってしまった妻とその介護をする夫というまさに
同様のパターンを描いたアイリスという映画があって、私個人的にはものすごい上位ランキング映画なのですが、こちらもお薦めデス。

新旧(?)双方の夫婦愛を目の当たりにし、いつも傲慢な態度をとっている私としては、
ちょっと彼にも優しく接しないとななーんて思う今日この頃、でした☆
(この状態が長く続くといいんだけど~。おっほっほ)
[PR]
by madameorange | 2006-06-11 14:30 | 気になることアレコレ
<< Vila Moura@銀座 デジパしてみたよ☆ >>