ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
結婚に対する価値観の断絶(2)
これまで色んな知人と話をしてきて、みつけた原因、それは、「バブル崩壊による価値観の崩壊」です。
そんなの今まで何度となく語られてきているし、目新しくもないんだけど(あは)、これって非常に大きいのよーー。まぁ、聞いて。

前置き:
バブルを謳歌していた日本経済が、当然の帰結ながらその崩壊を迎え、93年入社の人の時から有効求人倍率が1を切ったらしい。確かに私は92年に大学入学したが、高校生のときに見聞きして知っていた就職活動と、4年生の先輩が行うそれとは、「やや」違って見えた。でもまぁ、春頃に活動開始しても協定で決められた解禁日(でしたっけ?)7/1には知っている人は皆就職先が決まっていた。そして2年生、3年生になるとそれは「全く」別物となっていき(行きたい所にいける人の数が減り、妥協したりぎりぎりまで就職が決まらない!って人が増えてきた)、自分が4年の時には「就職超氷河期」などというネーミングまでつけられ、それはもう、大変な思いをして内定をGetするために奔走したものである。
・・・はぁー、今思い出してもださいリクルートスーツに身を包んで意味のわからない説明会に走り回ったあの頃って、青春を無駄にしたよなぁー・・・





そうすると、93年(ま、実質上は94年。)卒業以降の人と以前の人とでは、社会に対する考え方というか姿勢が、まさに激変しているわけですよ。
確かに個人的にもはっきり言って、
何が起こったのか意味がわからなかったもの。
大学に入ったら、クリスマスはホテルのスイートルームでシャンパン開けて、ティファニーの箱が部屋に一杯増えるんじゃなかったの!?ってね。(あ、違う?)

小さい頃にいじめられた子供が、大きくなっても常にそのトラウマで人の顔色をうかがってしまうように(?)、我々世代は常に「最悪の事態」を想定して生きている、とも言えると思う。
何とか就職した会社だって、入ったらリストラの嵐で、ぼーっとしていたらいけない!という危機感を新人の頃から心に刻まれたし、株価だってどんどん下がっていくし、社会人って言えばタクシーチケットを沢山持ってて接待の嵐かと思っていたのに、「最近減っちゃってね」ばっかりで飲み会は自腹で居酒屋が基本だし…(私の周囲が偏っていますか!?)
そんな中、94年入社以降の人々(Afterとでもしましょうか)は、自分の身は自分で守る、という意識が確立されていると思うんだ。
それ以前の方々(Beforeとでも呼びますよ)はどちらかというと、長いものに巻かれていれば安心、って風に見える。右肩上りの成長を信じられる幸せな世代というか、まぁどちらかというと我々の親世代に近い価値観だよね。
あとね、すごいおっとりしてて、羨ましいよ。(まじで)心のどこかに信じるものがあるんだよね。そういった意味では、まるでクリスチャンという感じかも。

で、結婚観ですが:
個人的な分析だけどね、結婚に対する意識も、「して当然」みたいな部分はまぁあるとしても、そこそこOKだったらできるのがBefore,納得いかないとできないのがAfter、という風にここで確実に違いが生まれていると思えるのです。「信じる」という要素がそこにあるかないかの違いとも言えるかな?
それに選択の幅が与えられてしまった社会的変化が加わり、結婚しない男女が増えている、ということだと思うんだ。

我々After世代で、いい女・いい男が独身でいるのは、「最悪の事態を想定」する癖がついているから、結婚に対しても妥協をしてその後問題が起きるときなんかも考慮してしまい、それならもっといい人と…なーんて言っているうちに気付いたら30を超えていた、というパターンなんだよね。多分ね、Beforeな人々だったらとっとと結婚している状況でも、踏ん切りつけないんだ。
あと、勿論一人でいることが昔ほど変じゃないっていうこともあるしね。

「負け犬の遠吠え」、実はあんなに話題だったのにどうしても「負け犬」という表現に納得がいかなくて(だってちがくないか?)読んでないんだけど、社会現象をうまくえぐったという点では意味があるのかもね。

私はだけど、なぜ未婚女性が増えるのか?という原因を男に求めるのではなく、バブル崩壊による旧来の価値観の崩壊とするんです、はい。
「どうにかなる」という信心(に近いよね)があるBeforeな人々は、たとえ結婚して夫が浮気しても、「そんなもんさぁ」と(見えるんです、私には)妻は妻でマダム生活を謳歌できたりするんじゃないのかな?結婚ってそんなもんさ、的な考えって言うのかな?メインな部分が幸せなら、少しくらいの犠牲は目をつぶりましょう、みたいな。
でもAfterはそんなことが垣間見えた時点で、ハイ、パース!でしょ。そんなリスクとる位なら独身でいいもんねーっていうところよ。
ある意味「理想の結婚」じゃないとしないっていうのかな?
同時に、だからこそ、After世代で結婚していて、2人の趣味があっててライフスタイルも雑誌から切り取られたみたいな素敵なカップルという割合は高いと思う。(調査していないけど)

どっちがいい、悪い、じゃなくって、そこにはもう逃れようのない価値観の違い(断絶に近い)がある、と、私は思います。
女子はでも基本的に年上志向だったりするから、非常に選択肢狭まるんだけどね…(今の30代の未婚女性の数を見ればわかるって!?)

それにしても、バブルの功罪って土地売買すらしていない、その頃中高生だった私達のようなところにまでもあるのよね。(もう何年経ったけねぇー?)
平成不況にも飲み込まれ、ホント、先人たちのつけを払わされている意識がぬぐえない今日この頃の憂える私です。
でも、その分逞しいはずだから、これからの世界で生きていくために、前向かねば、ですね。
高齢者も支えないと、だしね。
人数はやたら多いんだよね、皆様、がむばりましょー!
[PR]
by madameorange | 2005-01-20 22:13 | 気になることアレコレ
<< 花粉がやっぱりすごいらしい 結婚に対する価値観の断絶 >>