ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
特別な夜に:My Humble House in Singapore
14時間遅れでやっと到着できたシンガポール初日の夜は
先日銀座の支店に行ってすっかり気に入ったレストランMy Humble Houseの
シンガポールの本店
に行くことにしたの。
ホテルのコンシェルジュからも「あそこはいいよー」とお墨付きよ♪

場所は海辺に建つドリアン風外観のEsplanade2階。
-ちなみにここの屋上ガーデンとやらはエアコンの効きすぎた
館内からの丁度いいエスケープ場所(夜限定。昼は暑そう…)
かつ、オフィス街&湾の夜景が見渡せてなかなかお薦め。-






店内は中国アンティーク風インテリアに、
奥は一面ガラス張りで外の湾が見えるようになっていて、
ザ・ゴージャス!な東京とは違い、そうね、言うなれば
"ベリーロマンティック"。(余計意味不明!?)
ながーいテーブルにたかーい背もたれの椅子の
席には、いかにも会社のグループディナー的な方々、
あとはカップル、接待などで、皆様の中で
”特別な日のレストラン”って位置づけとみたわ。
私達は、店内中央付近なのに、これまた高い背もたれの
ベルベットのソファのちょっぴり奥まった席に案内されて
ちょっとステキ☆落ち着くわぁ~ん

c0037299_1022274.jpgやたら分厚く立派なメニューには、"まだそこに青空が広がっていますように"
だとか"ワイキキのおもひで"(ちなみに←これ。ダイヤモンドヘッドをイメージ、かな!?笑)などというユニークなネーミングの料理が漢字と英語で気まぐれな芸術的なレイアウトで書かれてあるわ。(笑)
名前と内容が全く一致しないのでぜーんぶ読まないと
いけない仕組になっているから、
活字好きな私には問題なく楽しめたけど、
ダンナサマなどは、開いた瞬間もうgive up。
勝手に選んでくれぃというご様子。
コースもある(これまたしゃれたというか意味不明というか
まぁ凝ったタイトルがそれぞれついてます)ので
面倒くさがり屋が集まった場合はそれもアリかも。
あ、またはビックリするくらいよく教育されている
店員さんに質問するとよいでしょう。

お料理はtwistedチャイニーズって言うのかな?フュージョンで
(ちなみにHPではneo classical Chinese cuisineとあるわ。
いずれにせよ、独創的ということで…)、量は多目。
日本ではお目にかからないフルーツがさり気なく入っていたり、
プレゼンテーションも美しく、文句なしよ。

そう、確かにシンガポールに住んでいて、
「たまには豪華に素敵な店で・・・」というときのお店ね。
ただ、わざわざ短期間の旅行の間に行くにはちょっと
勿体無いというか、もっと異国情緒感じられる店が、気分かもね?
って、自分で選んでなんだよー!!

ってなわけで、色んなチョイスがあるシンガポールのレストラン。
今日は『特別なディナーには最適なレストラン』でしたっ☆
[PR]
by madameorange | 2005-09-30 21:30 | シンガポールアレコレ
<< 悪夢の天ぷら・・・ また・・・飛行機が飛んでくれないの~ >>