ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
また・・・飛行機が飛んでくれないの~
書こうと思っていることが溜まり続けるまま、そして突如
デジカメも故障したまま(新しいの買ったけど)、今日からまたシンガポール。

「行ってから書こう!」
と、思っていたのだけど、急遽今書くわ。





また。

なのです。

そう、もはや恒例になりつつある、私の飛行機関連トラブルよ。

すっかり慣れっこの感もありますが、今回は乗ろうと思っていた
シンガポール航空機が、搭乗直前に「コックピットの窓に亀裂がある」
とのことでDelay→成田空港がしまるまでに治らない→
翌日に持ち越し
ってことで、成田に一泊することになりましたぁー。
こんな時に限って、一人だったりする私…(涙)

でも、先週だったかしら? アメリカのJetBlue緊急着陸も怖かったし、
結構よく緊急着陸のニュース見かけるから、飛んでからでなくて本当によかったわー!
(あの機長はところで実に冷静で上手だったわね。)

そんなこんなで、現在成田のヒルトンホテルで時間が
できてしまったというわけ。

しかし、SQでこういうのって珍しくない?
私は普段乗らないからよくわからないけれど、
先ほどお話したここ3年半で100回以上乗っているという
SQエキスパート(?)な方も、「こんなの初めて」と
おっしゃっていたわ。(ま、まさか私のせい!?
SQといえば世界でも指折りの安全な航空会社で、
機体もかなり新しいものしか使っていないのよね?
きっと小さなトラブルも見逃さない姿勢が
良いんでしょうね。偉いぞ!

トラブル時の対応も、アメリカではいかにも手慣れた感じで
処理されたものだったけれど、今日は職員の頑張る姿が
ちょっと感動的ですらあったわ。
しかもあまりごねる客もいない模様だったし。
(カウンターの目の前の席で観察してたの。あはは)

対応的には、ささっと
・プリントで飛行機遅延時の基本事項のプリント
・遅延のメッセージが必要な人には専用用紙
・電話をかける人用にテレホンカード
・カフェテリアでのドリンク
が配られ、ホテルの手配がされたわ。
(ちなみにエコノミーとそれ以外は違うのよー。)
荷物も出したい人は出せて、そうでない人はそのまま
保税倉庫に預かるとのことで、「重いから持ち歩きたくないけど
洗面用具だけ出したい」などという私のワガママも
すんなりきいてくれちゃった。
専用バスでホテルに着いたら食事のクーポンが配られ、
モーニングコールもしてくれるんですって。
ちなみにお部屋もツインでなんか勿体無いくらい。
さすがのサービスね。

こう不満がないと、明日の朝早いのは辛いけれど、事故なく着くためだものね。
と、私も何となく一緒に頑張ろう的な感じがしてきちゃうわ。

そう、今回は「先方の態度が真摯だと、同じトラブルでもこちらの心も広くなる」
ということを学んだかも…(笑)
アメリカだと「言ったもん勝ち」みたいになって、
我先にとカウンターに押し寄せ、個人的なディールを
始めるからねー、ちょっとこうはいかないよね。
格安にして色々けちった挙句のトラブルは腹立つけど、
今回は何か、そうでもないわ。
(と、思わせるイメージ戦略、広報活動も大切ってことでしょうか?)

さ、明日は飛べますようにー!明日こそ行ってきまーす!
[PR]
by madameorange | 2005-09-29 19:10 | 気になることアレコレ
<< 特別な夜に:My Humble... 関西再発見その②:ちょっとまけ... >>