ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
男の世界を覗かせて!?:ウイスキーって深いのね
今日は白金高輪にステキ~なマンションを購入された
お友達カップルの御宅にお呼ばれナイト♪
いっやー、最近の新築マンションって、ほんと、ホテルみたいね☆
エントランスの天井がたかぁーくて、ゲストルームも
あって、お部屋の中もモダンで何だかすっかり圧倒されてしまったわ。
(大きな下駄箱が羨ましいっ!!)

ところで今日"お宅拝見"した友人は今、ウイスキーに
はまっているらしいの。
どうやら一緒にお呼ばれしていたお友達が原因らしく、
二人もウイスキー博士がいたので、図々しくも
ウイスキー入門講座を開講して頂いたわん。

村上春樹の「もし僕らの言葉がウィスキーであったなら」というエッセイを読んで、「うーん、これはとっても大人の男の世界だわ…」
と、本自体はメチャクチャ楽しんだと同時に、
どことなく自分にはまだ足を踏み入れられない感じの
のようなものも感じていたから、
今回のように身近に遠慮なく質問できる人と、
そしてスコッチが並んでいるというのは非常に貴重なチャンス!

スコットランドに行って来たばかりの家主の
カップルが買って来たという、
取っ手のついた銀色の器・・・何て言うの?クエイク?・・・
を使い、まずは回し飲みをし、友情を確認。(笑)
3種類いただいたけれど、説明を聞きながら飲んでみると、
なるほど、色・香り・喉越しなどそれぞれ
個性が際立ち、楽しいものだわ♪

スコットランドで仕入れてきたとても高そうな
モルトウイスキーのボトルを惜しみなく開けてもらい(よかったのかな?)
きっちりシングルショットを測って頂き(これまた専用のカップを
買ってあったわよ!さすが)、
チューリップ型のグラスを傾けちゃって、
初心者としては贅沢しちゃったかも。ウフフ

ついついワインと同じ気分で飲みそうになってしまって
喉にひぃっえ~!っと効いた一口があったけれど
(やーねー、自分!)、ウイスキーはもっとゆっくりと、じっくりと
味わうものなのね。
飲んだ後の余韻が何とも深くて、秋の夜長が待ち遠しいという感じ。

c0037299_0554837.jpgこの日のラインナップの中でまずボトルのラベルのかわいさに魅かれ、その明確なコンセプトとユニークさに非常に興味深かったのがこちら(画像悪!)←
Jon, Mark & Robbo'sといって、その名の通り
3人の男性(JonとMarkは兄弟、Robboは若くして名門蒸留所
The MacallanのMaster Distillerだったそう)が設立したブランドなんですってぇ~。
味のバランスが円グラフみたいな図で表示してあったり、
味そのままの絵が描いてあったりして、
カタイこと言わずにストレートに美味しい物を!という
コンセプトに素直に共感。

今日飲んだのは3種類ある中の「The Smokey Peaty One」。
私でもほーっと思う位燻りたつ香りと、余韻。
これはちびちびやりたくなるわね。
今日一番気に入りました☆
(前出の円グラフではPeatyという項目が突出しています)
他には同円グラフでClove、Cinnamon、Orange辺りが
高い値の「The Rich Spicy One」と
Vanilla ToffeeとLemonがぐーんと飛び出している
「The Smooth Sweeter One」というのが
あるみたい。面白~い♪

こういう奥が深くてどんどんこだわれる分野って、
何となく男性の領域という感じがするのだけど、どうかしら?
今日はちょっぴりオイシイとこ取りをさせてもらってしまった気分。
雑誌なんかでもちょくちょくシングルモルトウイスキーが
どうのこうのなんて見るけれど、今までよりも
ちゃんと話もわかるようになるかな~?
(・・・そんなに簡単じゃ、ないか・・・。)
[PR]
by madameorange | 2005-08-19 22:00 | 初めてのことアレコレ
<< Harrods Brompto... いちのや@西麻布 >>