ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
ものは試しのユニーク中華:ロンフウフォン@白金
食べるのが大好きな4人で4卓しかない
ユニーク中華のLONG-FU-FONG(ロンフウフォン)へ☆
ここは毎月1日に翌月の予約を受付開始とのことで、
ここは4/1にとってあったの(Jちゃん、Thanks!)。
何だかそれだけでありがたみがでてきちゃう感じ

その予約時から来店時までにダイエットが
必要になってたのは計算外だったけれど。
折角楽しみにしていた日だもの、今日は特別。
食べると決めたら遠慮なく食べないとね!(いいのか?)

今宵は、
・お花を持った(何かの発表会の帰りかしら?)50~60代の
おばさま4人組(おそらく相当早い時間からお食事開始)、
・いかにもギョーカイって感じの
やらしそうな、いや、物知りそうな、うーん、
スーツを着てない(一番無難な描写)男性と、
彼らが好きそうな若い女性2-2のグループ、
・「我らとっても食通。含蓄ありあり」という雰囲気を漂わせる中年カップル
(男性これまた業界或いは昔の芸能人風。かつら?整形?or both?)
・ひたすら喋り続ける&メニューの意味がさっぱりわからない
(=いかに料理を家でしていないかが露呈してしまっている)
30代女性4人組(はい、私達ね)
の店の雰囲気に負けじとユニークな4組。





本日のメニューが黒板に書かれていて、まずは8品OR10品のコース
(いずれも内2品は麺とデザート)いずれにするかを選ぶ。
で、あとはその黒板メニューからどうしても入れて欲しい物があれば
それを伝えると、残りのメニューを組み立ててくれるという仕組。
私達は8品(確か6,000円)をチョイス。
メニューから是非!というものを3品選び、紹興酒をオーダーしたら、
後は勝手にどんどん出てくるお料理を楽しめるから何だか楽ね。

お料理は前述の通り、(少なくとも私達は)聞いたことのない食材のオンパレード。
-ハチクって何ですか?
>>>破竹の勢いの破竹で、筍です
-烤麩(かおふ)って何ですか?
>>>お麩の一種で、ちょっと高野豆腐みたいな感じに黒ゴマが練りこんであります
・・・
ってな感じで、メニューの8割は説明が必要だったけれど
珍しい芋類、根菜類など、お野菜が沢山使われているお料理の数々。
(聞いているだけで健康になりそう)

他のどこでも味わったことのない食材
だからということもあるのだけれど、
一つ一つ口に入れる際常に新鮮。
味付けは「(嫌な)癖はないけど未体験ゾーン」という感じ。
唯一麺が(上海風の焼そば)塩コショウが効き過ぎていて
人一倍薄味の私だけ食べ切れなかったのだけれど、
それ以外は一皿毎にオドロキがあり、楽しかったわ☆

途切れなく続くお喋りに忙しい私達に
気前良く美味しいお茶を取り替えてくださるのは
とても嬉しい心配り。

周囲を見てみると、多分常連になると色々と
特典がついてくる模様。(黒板では消してあった
お料理の残り僅かな物が”ちょっとだけお裾分け”的に出現したり、
お茶を持たせてもらったり…って、狭い店だから
私色々気付いちゃうのよねー。ゴメンアソバセ)
メニューも日替わりだし、きっと通うお客さんも多いわよね。
(予約は取りにくいけれどね)

私は正直、”一回でお腹一杯”という感じだったのだけれど、
でも、間違いなく一度行っておくことに意義があるお店。
色んな意味で面白いわよ。

場所は、白金。
恵比寿3丁目と白金1丁目を結ぶバス通り
白金北里通りっていうの?)沿い。
恵比寿から白金方向に向かって北里大ちょい手前左側の電器屋さんの2階。
ダイエッター的には、往復とも白金高輪駅から約15分の
道のりを歩きますっ!(帰りは特に満腹のため歩かないとダメよ~)

WEBサイトによると、今月中旬に別館として
ロウホウトイというレストランが近所にOPENしている模様。
あらやだ、こちらも行ってみないとかしらん???
[PR]
by madameorange | 2005-05-18 23:11 | 東京外食アレコレ
<< 無料な一日 in TOKYO Women love shoes! >>