ワタシの「ある意味」甘い生活=Dolce Vita-in Tokyo-で、興味を持ったこと、考えたこと、ひらめいたこと(!?)つらつら更新中っ!
by madameorange
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Link
sweets maniac:「みて楽しい、食べておいしい」スイーツのサイト
JUN:25年来(!)の友人のBlog
ちょっとずつもうしん:by Viola
Message
ラミ・デュ・ウ゛ァン"エノ"@神宮前
ダイエットを続けていても、どうしても外食しなければならないことも
あるわけで…
そして、そんな中にはどうしても紹介したくなるような美味しい
お店もあるわけで…
って、別に言い訳するほどのことでもないのだけど。

この日はオトモダチ夫妻と4人で家の近所の
割と昔からある(97年OPENとのこと)フレンチ
ラミ・デュ・ヴァン"エノ"」へ。
外苑西通りの神宮前2丁目の交差点を千駄ヶ谷方向に向いて
右折した左側のコンビニの隣にかわいく佇む
「ここだけ突然フランスの片田舎」的なお店。

以前この夫妻とお食事した時、彼らの家の近くの
小さなフレンチ
に連れて行っていただいていたので
何だか全く同じ展開で芸がない感じではあったけれど、
気に入ってくれたのでよしとしよう!





暖かい色のランプが点る店内は、明るくて、
でも落ち着いた雰囲気で、大人の人々で賑わっていたわ。
我々はひさしのついた窓側のテーブル席。
ランチなどはとっても気持ちよいはずよ♪
店内はカウンターも含め、多分30席位かなー?

こちらのディナーコースは〈A〉が4500円位(ちょっと時間が経って
忘れてしまったわ!)で
”小さな前菜・二つ目の前菜・メイン・デザート・コーヒー/紅茶・小菓子”
〈B〉は6500円位
”一つ目の前菜・二つ目の前菜・魚料理・グラニテ・メイン・以下同じ”
というもの。
「二つ目の前菜」「メイン」「デザート」をメニューからチョイスする
プリフィクススタイル。
メニューによっては追加料金。(こういう”スペシャリテ”とかって
書いてあるメニューにはめっぽう弱い私は勿論ばんばん
追加料金がかかってしまったわ)
その他に「季節のお薦め」という別メニューは
本日はホワイトアスパラを使った前菜が4-5種類。
(前菜をこれと普段のメニューから選ぶのは
余りにも魅力的なものが多すぎて、A型にはとっても難しかったわよ!)

コースはダイエット中ですので迷わず〈A〉をチョイスしたけれど、
結果的にこれ大正解。とてもじゃないけど〈B〉は余程餓死寸前または
大食漢
以外は食べられないと思われるがっつりな量。
(まずもって、「小さな前菜」というものが全然小さくないし!(笑)

c0037299_2335867.jpg
前菜は写真のスープ(ビシソワーズとグリーンピースのスープ。
色がきれいに分かれている!)をはじめ、
どれもとってもフォトジェニックというか見栄えが美しくて、
見て感激+食べても見た目の期待を裏切らない美味しさ。

パンは自家製で、小さいのに全部の味をきちんと
4等分して持ってきてださるから、喧嘩せずにすむわ。(笑)
バターは「国産の無塩バターとエシレバター
どちらになさいますか?」と訊かれるも、
両方持ってきて頂いちゃった。
たっぷりあるものだからパンもどんどん進み、
男性2名はめちゃくちゃ食べていた模様。
(ただでさえ量が多いのに、彼らは作戦ミスね、と横目で
見ていたけれど、どのパンも美味しそうだったわ…もしや私の方がミスった?!)

c0037299_23443732.jpg
デザートも(こちらは+いくらかのスペシャリテ)見目麗しく
お味も確かで、人間というのは本当に、美味しい食事とワインがあれば
幸せな生き物なのだわ…と、(特に最近外食自粛が
続いていたせいもあるかもだけれど)
お喋りも弾み、楽しい夜を過ごせましたわ。

最終的にはワインと合わせて1万円/人程度かな?
わいわいとアップデートしつつ気軽に美味しいフレンチを
堪能できる、近所にあってとってもラッキーな一軒。
シェフも(サーブにも出て来られるのだけど)
丁寧にお見送りしてくださり、また来たいな、と思わせます。
ネットで見たらジビエに定評があるみたいなので
秋までにはすっきりと痩せて、思いっきり食べに来たいわねっ
それまで待っててねー☆(と、誰にともなく言ってみる)
[PR]
by madameorange | 2005-05-20 23:00 | 東京外食アレコレ
<< DAL-MATTO@西麻布 赤いカートの正体は「オフィスグリコ」 >>